定演後 ~差し入れ&打ち上げ~

定期演奏会でいただいた差し入れと、
打ち上げについて書かせていただきます!

まだ読んでない方は先に受付・準備や曲について、下のURLからご覧ください!
受付・準備→http://hougakubu00.blog130.fc2.com/blog-entry-563.html
曲について→http://hougakubu00.blog130.fc2.com/blog-entry-566.html


4、差し入れ

今年も沢山の差し入れありがとうございました!🙌🙌🙌
部員一同おいしくいただきました!
これからも三重大学邦楽部をよろしくお願いします🙇
20171231_差し入れ





5、打ち上げ
はるです!
続いて打ち上げについて書かせていただきます

定期演奏会の打ち上げは焼肉でした!
年末ということもあり、
今年は現役だけで行わせていただきました

食べ放題で人数の都合上、
2つテーブルに分かれましたが、

ひとつは最後にデザートをたくさん頼んでその器でタワーを作り、
もうひとつは頼んでいたお肉が制限時間ぎりぎりにいっきに届いて、
食べるのが大変そうでした(´﹀`)

お肉を食べきれないテーブルのヘルプにまわっていた、
あさり先輩がとてもかっこよかったです笑

最後の方はお腹いっぱいでしんどかったですが、
とても美味しかったです(*´▽`)ノノ


自分自身、定期演奏会が終っても3年生が引退するという実感はなく、
またこれからも一緒に演奏をするような気がしてました

けれど、打ち上げで3年生の先輩が、
「OGってなんか楽しそう」とか、
「これから1年生(男子)がさぼってたらしばいていいよ」と仰っているのを聞いて、

「本当に引退するんだ...」と思い、
3年生の先輩がいなくなる寂しさと、不安を感じました

これまで先輩に頼ってきたことを自分たちで出来るように、
しっかりしないと!と思いました

3年生の先輩方、
これからはOGを楽しんでください...
そしてたまに、
とは言わず結構な頻度で遊びに来てください(指導も兼ねて)

お待ちしておりますm(_ _)m

打ち上げ1s
打ち上げ2s




最後までご覧いただきありがとうございました。
我々邦楽部が50回まで続けられたのも皆様の支えがあったからこそです。
これからも三重大学邦楽部をよろしくお願いします。




繰り返しになりますが、
OB、OGの先輩方には本当にお世話になりました!
これからも日々精進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いします!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

第50回定期演奏会~曲についての感想~


定演曲についての記事です!
よかったら先に下の記事をご覧ください!
受付・準備→http://hougakubu00.blog130.fc2.com/blog-entry-563.html





1曲目『つち人形』(沢井忠夫 作曲) 

第一箏 (そら) 第二箏 (はる)
定期演奏会一曲目ということもあり
とても緊張していましたが、
舞台班やお手伝いに来て下さった先輩方が袖から

「大丈夫!がんばれ!」

と声をかけてくださったのでとても気分が和みました
ありがとうございました(*´-`)

少しズレてしまったところもありましたが、
目立ったミスもなく
自分たちでも驚くほどうまく弾ききることができました!

終わったあとは達成感でいっぱいでした。
書いていただいたアンケートでは

「箏を始めて半年とは思えない」
「音色が美しかった」

などと褒めていただいていてとても嬉しかったです。

1年生だけで大丈夫なのか…
と不安しかありませんでしたが、
なんとか2人で半年間練習を重ね
演奏会にたどり着くことができました。

曲作りのアドバイスや練習方法の提案など
先輩達にはたくさん助けていただきました。
ありがとうございました。

つちにんぎょう_s




2曲目『円転』(水野利彦 作曲)

第二三絃 (たいがー)
本当はこの曲、楽譜を置かない且つ座奏の予定でしたが

楽譜→視線が定まらないので置くことに
座奏→僕が足を痛めてしまったため急遽立奏に変更

多分これが一番変更が多かったと思います…
準備のひとたちごめんなさい…🙇

演奏に関しては良くも悪くもなくって感じでした🤔
やはり技術面が…orz

実際演奏後、親族に
「お前の音は他の人と比べると弱いなぁ^^」と言われてしまい…;;
精進しなくては…😥

また緊張のせいで拍が乱れたり、音量の強弱がはっきりしなかったりなどなど…

ですが暗譜はできましたし楽しく演奏することができたので、
おっけーです!!!👌
リタルダンド(だんだん遅くなるやつ)がよかったって
友だちに褒めてもらえてうれしかったです…!☺️

えんてん




3曲目『魁』(菊重精峰 作曲)

三絃 (くう)
小編成とは…という感じの編成でした(中?編成くらい?)
先輩方に囲まれて弾いてました、楽しかったです。

三絃は配置するときに端っこになりがちなのですが、今回やや中央に…!
他の楽器の音が周りにある安心感ってすごい、と改めて感じました。

そして先輩方の安定感…すごいです…
一緒に演奏できて本当にうれしかったです。

振袖を着て楽器を弾くのが、実は初めてでした。
帯締めに袖が引っかかって高音のツボに手が届かない…!
なんてハプニングもありました。流石に焦りました。

リハでは大丈夫だったのに…何故…
来年は気を付けたいポイントでした。


本格的に練習が始まったのが10月だったこの曲、
ここまで頑張ってこられたのも、先輩方のお陰です。
色々ミスもありましたが、楽しく本番中弾くことができました!
ありがとうございました!




4曲目『尺八二重奏曲二番』(山本邦山 作曲)

第二尺八 (まっすー)
自分たちの番になったときは、緊張なんてなんのその!
さき先輩や一緒に出演していただくOB・OGさんと、いざライトアップされた舞台へ!!

と意気揚々に向かったのですが、
礼から上体を起こしてみれば、譜面台が異常に低い! 座奏かッ!!

しかし、演奏のあいまに直す勇気もなく、
うつむいたまま曲が進んでいきます

その焦りかあきらかに先走った演奏……
OB・OGさんがいなければ、崩れていました。感謝してもしきれません

体感としてあっさり終わってしまった尺曲でしたが、
来年は一人ひとパートを吹き切れるぐらい
成長せねば! と決意した演奏でした




5曲目『木もれび』(吉崎克彦 作曲)

(たいがー)
三年生三人で演奏する最後の曲
それぞれ三絃、箏、十七絃を演奏いたしました。
穏やかな雰囲気から激しくなっていく演奏は聴いていて高ぶりました。

演奏後、
どの先輩(三絃)が本番で難しいとこを成功して喜んでいた姿はとても印象的でした笑

威厳があり、最後の定演にふさわしい気持ちの籠もった演奏でした!!!




6曲目『海鳥の詩』(江戸信吾 作曲)

(はる)
私自身、リハーサルでしか聞けませんでしたが、「さすがOGさん...」とただただ圧倒されてしまいました。

練習時間のない中で、ここまで完成させてくるとは...さすがです(*´-`)
現役とは違った迫力があり、本当に個々の実力があるからこそだ思いました、

本番も客席で聞きたかったです
お疲れさまでした




7曲目『江差追分』(日本民謡)

(まっすー)
我らが顧問・新田先生に、さき先輩とOG・OBさんが一緒に演奏する民謡です!
そして琴古流!!
僕たちは都山流なので、その楽譜を見たときは驚きました

そして本番では、バックで流している波の音と相まって、
琴古流の尺八らしい細やかな技法が冴えます!

来年は自分も参加するそうなので、お楽しみに!!




8曲目『AXIS-アクシス-』(水川寿也 作曲)

そして最後、三重大邦楽部10名による全体曲『AXIS-アクシス-』です!


第二箏 (そら)
練習から本番まで、同じパートの先輩に頼ってしまってばかりでした。
でも本番では

ずれることを恐れるより楽しんで演奏しよう!

と、思い切って演奏しました。
そうしたら(ちょっとズレてしまいましたが )
とても楽しく演奏できました!

特に難しかった掛け合いの部分が、一番楽しめました。

最後に10人で楽しく定演を締めくくることができて
本当に良かったです


第三箏 (はる)
一言で言えば「楽しかった!」です。
いつもの練習よりホールでは周りの音が聞こえず、
リハは少し不安がありましたが、
本番は純粋に演奏を楽しむことが出来ました(´﹀`)

しかし、今回は第三箏に経験者のくぅがいたため、とても安心感がありました。
これから、先輩方が引退され、
一人ひとパートとなることが多いと思います。

自分一人になっても、自信を持って弾けるように、
これからも練習を頑張っていきたいです。


第三箏 (くう)
出番が少ない…!とは言え
合奏すると、とても弾いていて楽しい曲でした。

大人数で弾くのはやはり難しい、
けれど、難しいからこそ上手く出来た時の感動が大きい
と再認識したこの曲でした。
八重奏、楽しかったです。
またやりたいなと密かに思ってます。


第二三絃 (たいがー)
てってってん!てんてんてんてんてんてんてんてんてててん!

練習して練習して練習して
繰り返し繰り返し聴き続けた曲
拍が合わなくて苦労した日々

すべてを心に、演奏しました。
この曲を軸に活動してきました。
楽しかったです、ありがとうございました

第二尺八 (まっすー)
この曲はとても思い出深いです。2章③から④にかけて、
特に尺がメロディを担当する④は2年生のさき先輩と一緒に演奏します

練習を始めて間もないときは
さき先輩の音に呑まれてしまい、ユニゾンを感じることができませんでしたが、
じょじょに、「尺八2本の演奏いいね」と褒めていただくようになり、そして

始めて舞台で吹いたとき、感動で涙腺がゆるみました……!
音の響きがすさまじく、全身の細胞がワッといっぺんに湧きたつような昂りを覚えました

尺八を吹いていて本当によかった
もう一度 舞台に立ちたい、と感じた瞬間でした




次は演奏後についての記事です!
よろしければご覧ください!↓
http://hougakubu00.blog130.fc2.com/blog-entry-564.html


三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

第50回記念定期演奏会を終えました!


第五十回記念三重大学邦楽部定期演奏会、無事終了いたしました!

お足元の悪い中、たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

皆様のご支援ご協力により、50回という節目を迎えることができましたこと、部員一同心より感謝申し上げます。

これからも、日々励んでまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。


1、受付
一年のくうです

受付から、今年の来場者数等、色々ご報告したいと思います。

今年の定期演奏会の来場者数は115人でした!
敬老会での演奏で邦楽部に興味を持ってくださった方
毎日新聞さんの記事(部長が載りました!)を見てきてくださった方…
多くの方にご来場いただき、大変うれしく思います。

歴代の先輩も多く聴きに来てくださり、
なんと、第三回定期演奏会に出演された方もいらっしゃいました!

お帰りの際に、「よかったよ」と、
温かいお言葉をたくさんの方からかけていただき、とてもうれしかったです。
今後の活動の励みになります…!


皆様本当にありがとうございました!


個人的な感想ですが、接客が苦手なので受付かなり緊張しました…
(演奏の時より顔が引きつったかもしれない…)
先輩方のスムーズな接客を参考に来年にむけて改善したい、と思いました。


以上受付からでした~!




2、舞台裏
 
続いては、定演のリハーサルと舞台裏について、
1年・尺八のまっすーが書いていこうと思います!

着付けのない僕たち男子は9時から、
前日に積み込んだ箏や三絃といった楽器や譜面台などを、
手伝いに来ていただいたOB・OGさんたちと搬入していました!

そして搬入し終えると、いよいよリハーサル!
1曲あたり30分で全8曲──「AXIS-アクシス-」(水川寿也 作曲)は45分!
舞台配置にバミリをてきぱきとせねばなりません

現役が戸惑う中、OB・OGさんたちがこれまでの経験を生かし、
どんどん進めてくださいました。ありがとうございます!!


アクシスリハs


しかし、それでも部員10人で演奏する全体曲は
あっちを動かせば「合図が見えない」、
こっちを動かせば「バランスが悪くなる」
とOB・OGさんも四苦八苦……すみません

最終的に
合図する人を変えようという意見にいたり
3箏担当の1年生・くぅに決まりました

そのときの表情たるや。

さてそのリハーサル中、三重大学写真部さんに
振袖姿できらびやかな部員一同を撮影していただきました!
ありがとうございます!!

なのですが、僕たち男子はリハーサル後に着替えるため
超ラフな私服! 撮っていただいているのに!!
来年も機会があれば今度こそ、
袴に着替えて臨もうと決めたリハーサルでした


舞台うらs



続いては、本番中の舞台裏のことを!

いざ始まると舞台裏は一気に緊張感が増します

舞台班は時間との勝負!
いかに音を立てず素早く設置できるかが重要です
自分は間違えないように、なんども担当を確認していました

そんな中、演奏者がぞくぞくと舞台裏に来ます
緊張をほぐせるような気の利いたセリフも出てこず、
舞台袖から「(がんばれー)」とジェスチャー。
いい音で始まってくれと祈るばかりでした……

しかしどの曲もカッコよく、かつ唄うように響き渡る!
同期が不安だと言っていたところが綺麗に決まると思わず鼻高
自分もあとに続こうと、意気込んだ舞台裏でした

以上、まっすーがお送りしましたー!




3、衣装について

そらです
集合写真


定演本番の現役生は
女子は振袖、男子は袴姿で演奏しました
一人一人、会うたびに

かわいい!素敵!

と大興奮な私でしたが、
ここでは3年生の先輩方について
私が抱いた勝手なイメージをご紹介します

まず、私はどの先輩と同じ美容院さんにお世話になったので
はじめに振袖姿でお会いしたのはどの先輩でした

どの先輩は普段、シンプルでかっこいい印象なので
振袖にフルメイクは新鮮でした!
紫の着物に緑の帯揚げ&帯締めという組み合わせがとってもおしゃれで
美味しいお酒が飲める高級な小料理屋さんの若女将さんです。笑

その後集合し、ついにみんなの振袖姿が!

いつもは頼もしく、大人っぽいイメージのばな先輩は
白とピンクを基調とした可愛らしい振袖で
お花を摘んでいる乙女です!(?)

アクティブで明るいあさり先輩には
白と赤の華やかな振袖がぴったりでした!
振袖を着ていても全く動きづらそうじゃない
あさり先輩は、行列ができるお茶屋の看板娘でした…( *´꒳`* )

と、全員について書きたいところですがこの辺にしておきます

とにかく本当にみんな素敵で、
いつもの洋服とは違った魅力がたっぷりでした

華やかな振袖女子が見られるのも
定演の楽しみの1つですね
回収したアンケートにも、
振袖が綺麗だったとのコメントをいただきました

男子2人の袴姿も素敵でした!
美容院で着付けをしてもらった女子に比べ
きれいに着るのが難しそうでしたが
やっぱり和服男子はかっこいいですね

OB曲に出演された先輩方は、
青をメインにしたドレス姿でした。
振袖とはまた違った美しさで

早くOGになって、
あんなドレスで演奏してみたいな

なんて、まだ早すぎでしょうか?






次は曲についての記事です!
よろしければご覧ください!↓
http://hougakubu00.blog130.fc2.com/blog-entry-566.html

三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

第50回 定期演奏会


2017(平成29)年12月24日(日)
津リージョンプラザお城ホール
(尺 ・箏 ・三 、長: 、副: )


  1. つち人形  (沢井忠夫 作曲)
  2. 円転  (水野利彦 作曲)
  3. 魁  (菊重精峰 作曲)
  4. 尺八二重奏曲二番  (山本邦山 編曲)
  5. 木もれび  (吉崎克彦 作曲)
  6. <OB曲> 海鳥の詩  (江戸信吾 作曲)
  7. <顧問教官と部員による> 江差追分 (日本民謡)
  8. <全体曲> AXIS-アクシス‐  (水川寿也 作曲)
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

海鳥の詩(江戸信吾 作曲)

定期演奏会がすぐそこまで近づいてきています…!!!

本当に久しぶりにブログを書きます。邦楽部OB3年目(?)のはしはしです。

今回は、定期演奏会OB曲の曲紹介を書きます!


海鳥の詩(江戸信吾 作曲)

雄大な海を進む漁船!カツオ漁は今日も大漁!!
それを空から眺める海鳥…そんな風景を表現します。
力強さや勢いを楽しんでいただければ幸いです。


編成
1箏、2箏、十七絃、三絃、尺八で編成されている曲です。
今回の定期演奏会3曲目「魁」と同じ編成ですね!


構成
前半
ゆったりとした場面から始まります。神秘的で静かな海を眺めているようです。
そこから打って変わって、1箏のaccelから一気に盛り上がっていきます!
海へ漕ぎ出て漁へ向かっているイメージでしょうか。元気で賑やかな感じです。
途中、十七絃だけになりリズムを刻むところがあるのですが、
それまでの雰囲気とはまた違っていてかっこよくて個人的にとてもお気に入りポイント。
前半ラストは、次のソロへ向かってひっそりと終わっていきます。


中盤(ソロ)
なんとなんと、全パートにソロがあります!!
各楽器の音色の違いを楽しんでいただければと思います。


後半
ソロの空気を突き破るように1箏のグリッサンドが入り、
箏と三絃が力強くリズムを刻んで後半が始まります。
後半は、途中途中であやしげなところや落ち着いたところを挟みつつも、
一気に突っ走っていきます!!!!
途中、三絃のポルタメントでボルテージは最高潮!
漁の勢いそのままに駆け抜けラストを迎えます。


難易度
尺八
甲音で吹いていることがとにかく多い!!
また、前半で大甲のチが出てきます……
甲音さえしっかり出れば、とても気持ちよく吹けると思います!
気分はまるで海鳥(?)


細かいことをいろいろしていて、側からみていると大変そうです…
でもグリッサンドなど技法がたくさん使われていて、
場面を華やかにしてくれたりキリッと引き締めてくれます。

十七絃
曲全体が盛り上がった雰囲気のところが多いので、
楽器全体を支えようと思うとかなり音量、体力が不可欠!
また前半では少し変わったリズムを刻んでいるので、リズム感も必要です。

三絃
三絃が目立つところに高い音があるので、神経を使いそうです。
また、この曲の三絃といえば後半のポルタメントがかっこいい!!
ぜひぜひ目立ってもらいたいものです。



とにかく、楽しんでノリノリで聴いていただければと思います!
OB5人、力を合わせて頑張ります!!ぜひ、演奏会へお越しください!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

定期演奏会前に…

寒さが身にしみますね(´ `)
定期演奏会が・・・なんと・・・・・・明後日17時開演です!!!※12月24日※

もうドキドキが治まりません(゜Д゜;)


12月5~9日は定演前最後の合宿・成果発表、11日は国際交流パーティーにて演奏、12月16日は定演前最後の通し稽古、
そして明日は定演前最後の合奏練習です。
なんという忙しさ・・・、まさに「師走」ですね!!

あとは練習の成果を本番で活かすのみです。
悔いの残らないよう、力を出し切りましょう~(o゜▽゜)o


現代邦楽って、かっこいいんだぜ!
って伝えられれば幸いです♪


第3回成果発表


当日は女子部員の振り袖姿が楽しみですね☆彡
以上、2年生さきでした~
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

木もれび(吉崎克彦 作曲)

今年の定期演奏会、3年生曲はこちら!

「木もれび」(吉崎克彦 作曲)です。

まず、「木もれび」を初めて聴いた時の感想は、「曲名から想像つかないくらいかっこいい!三絃高音!」でした。
…この感想だけだと、どんな曲なのか分からないですね。
ということで、もう少し詳しく紹介していきたいと思います!

「木もれび」について
編成
構成
難易度

編成

箏、十七絃、三絃の三重奏です。
冒頭にも書いた通り3年生3人で演奏します。


構成

前半
箏メインの静かで穏やかなメロディーから始まり、その後違うメロディーを挟みながら、もう一度冒頭のメロディーを三絃メインで弾きます。この辺りは基本的に穏やかです。
途中からは雰囲気が変わります。ここで各楽器にメロディーが移ったり、三パートで揃うなど盛り上がりをみせた後、徐々にゆるんでいき前半が終わります。

前半は、三絃だけでなく箏・十七絃にもメインが回ります。各楽器のメロディーの移り変わりも聴いていただければなぁと思います。
あと、三パート揃うところはかっこいいのでぜひ!

後半
やさしい日差しを浴びているような、ゆるやいだ柔らかい雰囲気から始まります。しかし、風がそよいで優しい木もれびの様子が激しいものへと変化していき…という感じです。

後半は三絃のかっこよさが際立っていきます。
最後の方の三絃はかなり高音です。初めて曲を聴いたときは三絃が高音すぎて笑いました。
でもとても激しくてかっこいい!箏、十七絃もそのかっこよさに負けないように頑張っています。

終盤はとにかく激しくかっこいいです。
ここは、原曲のようなかっこよさを出したいという気持ちと、自分達の技量で出来るレベルとの兼ね合いで中々もどかしい時期もありました。しかし定演ではそれらを乗り越えた演奏をお届けしたいと思います!

難易度

三絃
難しいです!どこか一箇所がとかではなく、曲を通して様々な技術が必要となるため全体的に難しいと思います。
その中で特にどこが難しいのか聞いてみました!

・2オクターブのスクイと1のスクイを交互に速く弾くのが難しい
「絃を抑えることでバチが当たる高さが微妙に変わり、絃に引っかかって演奏が止まってしまうなど苦労があった。
また、指で絃を押さえる・離すを交互にするため一定のツボ、音の高さを保つのが難しい。
そして、今まで演奏したことのない音の高さだったため綺麗に響かせることが難しく感じた。」

・柔らかい雰囲気の場面で音を響かせつつ、丸い音(弱い音とはまた別物)を出すことが難しい

三絃は難しい上に一番目立つ所も多いので大変だと思います。
でもその分、弾けた時に一番かっこいいのは三絃です!


十七絃
三絃よりは簡単です。
ただ、オクターブで弾く所や手が飛ぶところが多く手が忙しいです!
本来は全部爪で弾く部分を、今回は上のような理由でピチカート( 「爪」をはめていない指で弾く)に変更しています。そのため左手が常に痛々しいです…。水ぶくれが辛そう。
あとこれはどのパートも同じ、とは思いますが、その中でも特に十七絃は体力的にしんどいです!他パートを支える音量が求められるので全体的に体力が必要となります。

この曲で十七絃がメインとなることは少ないですが、伴奏の要のためすごく重要です。
特に最後の方は、十七絃の低音が支えてくれているからこそ三絃の高音も引き立つ!
あと個人的にですが、私はこの曲の十七絃メロディーが好きです。綺麗なのでぜひ聴いてほしいです!



この三つの楽器の中で、一番難易度は低いです。
ただ、柔らかい雰囲気の場面で三本の合わせ爪があるのですが三本とも綺麗に鳴らし、そして雰囲気を崩さないような音にするのが苦労している点です。
あと、押し手は前半に数箇所のみと少ないですが、静かな場面なので間違えたらすぐ分かる…。緊張の瞬間ですね。
また箏も他パートと同様に、手が飛んだりする部分や細かい部分があります!

箏は前半にメインが何箇所かあり、後半は十七絃と共に伴奏をしています。
この曲の箏の良いところはメインも伴奏もどっちも十分に楽しめるところ!
思い返すと、この曲は弾いてて飽きることが殆ど無かったなぁと思います。



あと2週間切りましたね!部長からの、曲紹介早くという圧は今年もひしひしと感じておりました。

三年生三人で演奏できるのは、これで最後。
上級生の演奏として恥ずかしくないように、そして悔いが残らないようにラストスパート頑張ります!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日:毎週 水・木・土

 

活動時間:午後4~8時くらい

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム