地震避難まにゅある

9月は防災の日がありますね。
いざというときのために、学外への避難について、予習をしておきましょう。

特に通いの人は土地勘のないことが多いので、いざ避難!というときに一人で途方に暮れることがないように、しっかりと対策をしておきましょうね。

(勝手に書いてしまってごめんなさい)

(このまにゅあるは2012年9月1日の段階で何となくまとめられてるものです、情報は最新でないこともありますので随時確認をお願いします)


地震があったら、まずはその場で身の安全を確保。
対処はここを参考に。
福島大学緊急連絡HP

揺れがおさまったら、避難移動を開始しましょう。

学内には、津波を逃れられるだけの高さのある校舎はあります。
生物資源などの校舎へGO。
とりあえずは、ここで待機がいいでしょう。


でも、津波が引いたら、避難所へ移動する必要が出てきます。
なぜなら、三重大学は避難所指定がされていないからです。

ということは、基本、水や食糧などの公的な支援物資がこない、と考えた方がいいでしょう。
大学病院があるから、ケガをしたら診てもらうくらいはできるかもですが。
基本、学校はいつまでも留まれる場所ではないことは覚えておきましょう。

参照 津市 避難所一覧

大学の隣に、国児学園というところがあって、ここは避難所指定されています。
でも、三重大の学生が占拠するようなことはできません。
三重大学の学生は7千人いるらしいので、移動できる人はなるべく分散した方がいいでしょう。

(*訂正:津波の際は避難所として開設されないようです)

津波の後は泥の海で、移動がままならないという話もありますから、可能なら、津波の前に、迅速に避難移動できると、いいかもしれません。
靴や服が濡れてしまうと、冬場はとてもつらいと思われます。
(*追記:震源からの距離にもよりますが、津波到達まで時間があると思われる場合、自転車などで迅速に移動してしまう方がいい場合もあるかもしれません)




さて、避難所ですが。

近くだと、国児学園以外だと栗真小学校や栗真出張所があります。
江戸橋の近くの小学校は、津波の時はキケンなので、避けます。

(*訂正:津波の際は開設されないようです)

あとは津駅隣接のアストプラザ&駅西側の皆楽公園(斜面・高台になってます)。
市役所の支部があるアストは、何かの時に情報伝達が早くていいかもしれません。
あと、電車が復旧したら、電車通学の人は早めに帰れますね。ちょっと安心かも。


が。
地図を見てみると。


大きな地図で見る

大学からアストや皆楽公園に行くには、志登茂川の江戸橋を渡らなくてはなりません。
ここは古くから橋が架かっていた場所です。

津波に注意するときの鉄則は、「川や海に近づかない」ですよね。

なので、このあたりがちょっと不安要素です。
地震後、すぐ避難移動する場合は、急いで川を渡ってください。

避難時は、倒壊・電線の垂れ下がりなどが考えられる細い路地は避けて、なるべく大きな通りを選びましょう。





津駅は、電車が止まって、たくさんの人が待機することが予想されますが、海抜もそう高くなく、駅自体も県庁所在地の駅としては規模が小さく、あまり大きなスペースがありません。
(緊急の際は近隣のビル・ホテルが開放される可能性もあります)

建物としてはアストプラザが新しくしっかりしていると思われます。ホール・展示室等のスペースが滞在に使われそうです。
アストプラザには市役所の出張所もあり情報収集にはいいかもしれません。

公園は、駅の西側(近鉄側)から出てすぐです。
駅周辺よりも海抜はありますが、斜面が多く、仮設でテントを立てるなどのスペースはあまりないかもしれません。
人が集まることを考えると、公園での長期滞在はどうかなというきもします。




map_kenbun.jpg

個人的には、自転車があって・道が通行可能・動ける体力があれば、江戸橋の駅を越えて or 一身田・高田本山のある側から迂回して、県立総合文化センター(県立図書館があるところ)へ移動することをオススメします。
(川を渡る橋が少ないので経路が限られる点に注意)

上の地図の、JR沿いに走っている黄色い道路から西は、少し高くなっています。
総合文化センターは、さらに高台の古い城址跡の上にあり、かなり海抜もあります。
かなり高い津波が来ても確実に安全と思われます。

また、数日電車が止まったとしても、坂の下にはドラッグストアとスーパー、しまむらがあるので、供出があれば、とりあえずの日用品・着替えを手に入れることができるかも、と思います。
(ただし津波で流れていなければの話ですがw)

学校から少し遠いのが難点ですが、通常なら自転車で20~30分の距離です。
選択肢として入れておくといいかもしれません。

(*追記:
三重短大(自動車教習所の向かい)が津波の際の避難所として指定されているようです。上の地図中にもありますが、そちらの方が近いです。)




とりあえず、避難場所を複数箇所、避難経路も複数パターン、一人でも移動ができるように、予行演習をしておくと、いざというときに体力と気力を温存できてよいかと。
学校から、駅から、下宿から、自転車でどのくらいの距離、時間がかかるか、試してみてください。

通いの人は、おうちの方に、避難する可能性のある場所をいくつか、施設の住所と電話番号などを伝えておくといいでしょう。
ケイタイ・スマホが水没して壊れるなどして、一切連絡が取れなくなることも、パターンの一つとして考えておくべきです。
探す方も、いくつか心当たりがあれば、希望を持つことができます。


長くなりましたが、防災の日ということで、考えたことを書いてみました。
M-iでした。
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

不動産のバイトもしてるので、こんなことを言ったらあれなんですが、大学付近(桜橋~栗真)はウナギの養魚場ばっかりだったんですね。
それがS47年だったかな?の豪雨で川が決壊して、養魚場が壊滅的なダメージを受けたため、今の住宅街やらなんやらになったのです。
その際の埋め立てに何を使ってどう埋め立てたか分からないんですよ。まぁ、確実に一帯が液状化するでしょうね。案外白塚の方が大丈夫そう。

まとめると地震が来たら、とにかく上浜、大谷町方面から上津部田や安濃の方に逃げた方がいいんですねー。
ちなみに通常の豪雨被害の際は栗真よりも白塚の方が安全です。白塚の方が海抜高いのと、志登茂川の堤防は海側ではなく、一身田側に決壊しやすいようですねー。

避難時の豆知識として。

No title

不動産のバイトもしてるので、こんなことを言ったらあれなんですが、大学付近(桜橋~栗真)はウナギの養魚場ばっかりだったんですね。
それがS47年だったかな?の豪雨で川が決壊して、養魚場が壊滅的なダメージを受けたため、今の住宅街やらなんやらになったのです。
その際の埋め立てに何を使ってどう埋め立てたか分からないんですよ。まぁ、確実に一帯が液状化するでしょうね。案外白塚の方が大丈夫そう。

まとめると地震が来たら、とにかく上浜、大谷町方面から上津部田や安濃の方に逃げた方がいいんですねー。
ちなみに通常の豪雨被害の際は栗真よりも白塚の方が安全です。白塚の方が海抜高いのと、志登茂川の堤防は海側ではなく、一身田側に決壊しやすいようですねー。

まぁ三重大で一時しのぎするならば、生物資源か医学部および大学病院ですね。
他の校舎は建物自体は耐震工事入ってますが、土台までは変わって無く(変えられず)いざ、大地震が来たら危ういです。


避難時の豆知識として。

No title

こないだ、ローカルのテレビ番組で、三重大学の確か学長さんが、
「津駅と皆楽公園」
と言っておられて。
確かに電車通の人でもわかりやすい目的地ですが、ちょっと大丈夫かしらと思ったりもしててw

津イオンのある桜橋あたりは、液状化とかが予想されてるみたいですね。
R23も大丈夫かなと。

白塚は少し海抜あるのね、知らなかったです。
なるほどなるほど。

とりあえず、知っておくと役に立つかもしれない予備知識。
役に立つことがないといいですけどね;

No title

ちなみに、共通教育の校舎ですが。

ちょうど建設時期が昔の万博と重なったせいで、材料が足りず、海砂を使ったコンクリートだという話。
すでに鉄筋が錆びてボロボロになってるのではと先生に聞いたことがあるので、かなりやばそうですw

地震の時は気をつけて;

No title

勉強になります。
冬場は濡れるときつかったり、電線が切れてたりとか結構盲点ですね。

いざという時はしっかり避難したいと思います。

No title

>>きょんちゃん
きょんちゃんなら凍えながらでも、感電しながらでも、埋まりながらでもたくましく生きてくれそうな気がする(笑)

No title

ヒラメの人様

もちろんです!
いざという時そのぐらいの気構えは大事だと思います!

ってか私のイメージって・・・。

No title

>きょんちゃん

部活中にってこともありえるし。
もしかしたら演奏会当日にってことも・・・
いつどこでどうなるかわかんないですから、非常口と避難経路は確認しておいたほうがいいかもですw

避難誘導よろしくねw

大丈夫、きょんちゃんなら飛べるw

No title

>M-i様

なるほど、頑張ります!

飛びましょう、飛んで誘導しちゃいましょう!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日:毎週 水・木・土

 

活動時間:午後4~8時くらい

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム