三絃三重奏曲 浮拍子(杵屋正邦 作曲)

第52回定期演奏会、今年の一曲目である
「三絃三重奏曲 浮拍子」(杵屋正邦 作曲)について紹介します。




パート編成

地歌三味線3パートによる三絃三重奏曲です
第Ⅰ三絃:3年生、1年生
第Ⅱ三絃:3年生、2年生
第Ⅲ三絃:2年生、2年生
の計6人で演奏いたします




ソロの有無

この曲は全パートソロがあります!
1,2,3年生の全学年が担当します。
それぞれが繋ぐ旋律をお楽しみください~



曲の難易度

難易度は上の下ぐらいだと思います。
細かいスクイ、すり上げ、ハジキと基本的な技法はもちろん、三絃では珍しいトレモロもでてきます。
人数が多いのでこれらの技法のタイミングを合わせるのは苦労しました...

しかも、なんと、実はこの曲、本来なら長唄三味線で演奏する曲なのですが、我々は地唄三味線で演奏を行います。
なにが違うの?と思う方もいると思いますので紹介させていただきますね。

長唄三味線
小ぶりで、棹が細く、軽く乾いたような透明な音色がします。
撥は軽く木のものを使うこともあります。
押、アテハジキなど地唄三味線には見られない技法もある。

地唄三味線

響きと色のある音で、音量調節が難しいです。
撥の重さを利用して弾くので、基本的に撥は重たいものを使います。

この撥の重さに違いがあるのが今回の難しい点で、
地唄三味線用の撥では重すぎて弾くのが大変!!!というところが何度もでてきます。
それでも頑張って弾きますので応援よろしくお願いします!!!



曲の内容

まず、皆さんは浮拍子という意味をご存じでしょうか?

浮拍子とは、聞く人の心を浮き立たせるような、三味線などの弾き方。また、そのように軽快な調子や様子。浮き拍子。浮かれ調子。(コトバンクより)

意味の通り、この曲は聞いている人がルンルンできるような曲となっております。

また、曲の解説には

三味線のもつ明るく親しみ易い、庶民的な一面を強調しようと試みた作品です。
古典的な手法や旋律型、リズムなどを殊更避けようとせず、寧ろ積極的に取り入れることによって、伝統の中の現代性と、作曲者の創意との融合をはかり、新たなる表現を企図したものです。
昭和43年11月24日 杵屋正邦


曲の解説通り親しみやすく、様々な技法、リズムがでてくる楽しい曲です!
ぜひ楽しんで聴いて行ってくださいね~



曲の構成

本来、この曲は序盤、中盤、終盤と三段階に分かれているのですが、先ほど述べた地唄三味線にはない技法が多量にでてくる中盤がどうしても弾けないということでカットさせていただいております...ゴメンナサイ!!!

ですが前半後半の中でも曲は変化していくので十分楽しんで聴けると思います。
前半はルンルン気分、ソロはゆったりとした雰囲気、ですが最後には...
三絃が唸ります

な、なんだってー!?
さらなる詳細は本番をお楽しみに...!!!



メンバーからひとこと

最後にメンバーからコメントをいただきました!

たいがー(第Ⅱ三絃①)
一応曲リーダーです、よろしくお願いします。
みんなに支えられてこの曲を作りました。
改めて浮拍子メンバーの皆さん、記事を読んでくださった皆さん、ありがとうございます。

くぅちゃん(第Ⅰ三絃①)
本来長唄三味線で弾く曲なのですが、今回は地唄で演奏します。長唄の曲は細い動きが多いのが特徴なので、普段私達が演奏している曲とはまた違った雰囲気が味わえるのではないかと思います。
(色々と苦戦を強いられましたが…)
合奏するとかなり複雑で面白い曲です

さとちゃん(第Ⅱ三絃②)
昨年は三絃曲がなかったため、三絃曲として定演に参加するのは初めてです。本来なら3人で演奏する曲を6人で演奏するため、練習にとても苦労しました。
三絃らしいスクイやハジキの技法、3パートの軽やかな掛け合いをお楽しみいただきたいです。
今年の演奏会のオープニング曲としてふさわしい演奏になるように頑張ります!

K(第Ⅲ三絃①)
・音の並びや技法が三絃らしさを体現したかのような曲で、それができるように自分すごいでしょって感じでイケイケで弾いてます
以下の三つのことに気を付けて演奏いたします

・3のパートは主旋律と伴奏がわかりやすいので明確に差をつけて、役割に徹底すること

・1のパートと合わせて連符を弾くところ。
全体に言えるけど、自分出しすぎると足並みが揃わなくなるのと、6人いる中で音量をどうやってつけるかという、さじ加減

・パート内でミスらず合わせるとこ

さくちゃん(第Ⅲ三絃②)
1の絃2の絃をこんなに使う曲ははじめてでした。この曲を経て成長できたと思います。

メイちゃん(第Ⅰ三絃②)
軽快なリズムと、パートからパートへのメロディーの移り変わりを意識して演奏会します!



昔じゃ考えられなかった6人によって演奏される三絃三重奏曲。
当日、新たな時代の訪れをお楽しみくださいませ。

三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
演奏会のお知らせ

第52回
三重大学邦楽部
定期演奏会

令和元年12月22日(日)
16時半開場 17時開演

 

津リージョンプラザお城ホール
→会場アクセス

 

当日500円(前売り400円)

 

お問い合わせ(メール)

 

詳細は後日更新します

 

+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+

 

カウントダウン
定期演奏会まで:
邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム