江差追分(日本民謡)

定期演奏会の7曲目!
「江差追分」について紹介します。

  1. パート編成
  2. 曲の内容
  3. 難易度
  4. 気をつけて演奏するポイント
  5. 最後に



パート編成
一尺八寸管(筒音=D)の独奏曲です。
三重大学邦楽部顧問の新田先生と現役生で演奏いたします♪

曲の内容
日本を代表する民謡のひとつである「江差追分」は、北海道の江差町を発祥の地とした漁師唄です。

江戸時代中期に発生したとされており、信州の馬子唄と伊勢松坂節のふたつに起源があるとされています。

江差の漁場と商港に様々な唄な要素が伝わり、融合して、唄い継がれた結果、江差追分が生まれたとか……。

定期演奏会では、前唄・送り囃子・本唄・後唄を披露いたします!

江差追分

〇前唄
江差追分の情緒を高めるため、本唄の前に付けられました。

軽快にウキウキと、本唄への準備運動。

また唄には様々な技法が登場します。
”ユリ”や”もみ手”といった技法を用いて、皆さんに尺八らしさを感じていただければ幸いです。

ユリ
首を左右や上下に振ることでビブラートをかける。回しユリなども。

もみ手
ふたつの指を交互に連打する技法。西洋音楽のトリルに相当する。

〇送り囃子
前唄とは一転してリズミカルな演奏です。拍子をとって囃し立てることで、本唄への気分を高めます。

〇本唄
江差追分のメイン!

前唄と似ているのは、本唄の前段階として付けられたためです。よりダイナミックかつ技法盛りだくさんでお送りいたします。

〇後唄
はりつめた気分の本唄に添えて、曲を収めるために付けられました。

穏やかに余韻を楽しみながら終わります。


難易度
普段、私たちは「都山流」で書かれた楽譜を用いて合奏しています。

ですが、この江差追分は「琴古流」
別の流派であり、まず楽譜の表記が大きく異なります。

都山流
・ロツレチハ
・音程・拍節を重視
・西洋音楽を取り入れている

琴古流
・ロツレチリ
・点や丸で拍(表裏)を表記
・本曲や三曲合奏が得意

こうした違いが難しいところです。

加えて、約10分間の独奏曲……
吹きっぱなしということで非常にスタミナを消費します。

気をつけて演奏するポイント
1パートを複数人で演奏するため、音の粒ひとつずつを揃えていかなければなりません。

新田先生はよく「周りの音と和する」とおっしゃいます。

他の人の音、風の音、時には雨の音。
これらに自分の音を溶け込ませることがポイントです!


最後に
現代曲が中心の定期演奏会。

そのなかで紅一点の民謡「江差追分」をぜひお楽しみください!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日

水・木 16~20時

土 13~18時

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム