よごとぐも(川崎絵都夫 作曲)

三重大学邦楽部第51回定期演奏会の1曲目を飾るのは・・・「よごとぐも」(川崎絵都夫 作曲)


毎年夏休みごろ、京都で行われる「全国学生邦楽フェスティバル」
(今年度参加したときの記事はこちら)

この”学フェス”、第12回において
委嘱三曲大合奏曲として演奏されたのが「よごとぐも」です。

作曲者 川崎絵都夫氏によると、
“委嘱曲は「パート練習だとよくわからないけど、全体合奏をすると感動する曲」になりました。(ホント)”とのこと。
(ご本人のブログ「えつお日記」より)
1つのパートだけで演奏してみると、まさによくわからない!同じ動きを繰り返すところが多く、ナンダコレ。
しかし合奏になると・・・?
そんな「よごとぐも」について 編成、構成、難易度 をご紹介します。

◯編成
この曲はオープニング曲として、大トリである「SAKURA」(水川寿也 作曲) の次に大きな編成です。
1年生3人、2年生5人の計8人で
一箏(2人)
二箏(2人)
十七絃
三絃(2人)
尺八
を担当します。
(本当は尺八は2パートあるのですが今回は1人で演奏します。)

○構成

よごと=寿詞 とは、祝いの言葉、祝詞 などという意味で、全4楽章それぞれに四季折々の雲の様相を表す名前が付けられています。
1章 うろこ雲(秋)
2章 凍雲(冬)
3章 おぼろ雲(春)
4章 雲海(夏)
春夏秋冬、の順ではないんです
この4つから、今回は1,2,4章をお送りします。

曲リーダーの脳内劇場を演奏で表現してもらいました。

1章 うろこ雲
うろこ雲とは、小さな雲のかけらが魚のように群れたものです。
導入部分では、大空をゆったりと飛ぶ鳥をイメージしました。だんだんと数が増えてゆき、最後には大きな群れになります。眼下にはせっせと冬ごもりの準備をする動物たち。
中盤で台風がやってきます。突然やってきた非常事態、といった雰囲気を4/4拍子から6/8拍子に変わるところで表現しました。
尺八のメロディを箏のトレモロで支える最後の部分では、冬支度を終えて静かに冬を待つ、そんな秋の世界を思い浮かべました。

2章 凍雲(いてぐも)
凍雲は「とううん」とも読み、寒々として今にも雪が降り出しそうな雲のことです。
2章の始まりは、すでに雪が降り積もったあとの雪道をざく ざくと歩く様子を、箏と十七絃で表現しました。
尺八のメロディが終わった中盤では、雲の中で雪になるのを今か今かと待っている雨粒をイメージした楽しげでリズミカルなフレーズが登場します。
そこから一転、溶けたつららからポタポタと落ちる雫のような静かな雰囲気を、三絃のソロ、そして一箏、次に二箏のピチカートで演出します。

4章 雲海
真っ白な雲の海を見下ろす高い山の上に、澄んだ尺八の音が響き渡ります。
絃が加わると、夏の空気のように重厚な雰囲気になります。4章は、力強く、勢いのある感じを大切にしました。
特に中盤や1番最後などに何度か登場するフレーズは、大岩が転がり落ちるようなイメージに近づけるため何度も練習しました。
1.2章とは違った雰囲気を感じていただきたいです。


◯難易度

学フェスでは全国から集まった演奏者がこの曲を演奏しました。
初心者から上級者まで様々な人が一緒に演奏できるよう、“2箏は押し手無し”、”尺八はメリカリはほとんど無し” など合奏をするにあたって難しい技法を減らす工夫がなされています。(「えつお日記」より)

しかし、そうは言っても難しいところだってあるはず。
実際に演奏している各パート奏者に聞きました。

◯一箏
二箏との掛け合い、ハモリが綺麗な曲です。
合わせ爪やトレモロ、押しなどの技法がやや多いですが、1年生も置いていかれることなく弾いています。

◯二箏
4/4から6/8に拍子が変わる部分や音数の少ない部分、曲中に何箇所か存在するリタルダントなどテンポやタイミングがずれやすいところが多数あり、パート内ないし全体で合わせるのが非常に難しいと感じました。二箏は目立つところが少ないので、三絃や箏で音の粒を合わせることをがんばりました。

◯十七絃
細かい動きはほとんどせず、同じフレーズを何小節も繰り返すという十七絃らしい十七絃パートです。
曲の始まりを含め十七絃から始まるところが多いので、どうしたら次に入るパートが入りやすいか?1人だけのときとみんな一緒のときをどのように弾き分けるか?が課題でした。
全く同じことを繰り返す中でも曲の進行に合わせて音量や音質を変化させることで、ベースとしての役割を果たせたらと思います。

◯三絃
三絃は自己主張が激しい(音量が大きくなりがち)なので小さな音を出すのが難しく、メロディから伴奏への移行が大変でした。
ソロもあり(なんと1年生が演奏します!)初めての合奏曲として難易度はちょうどいいぐらいなのではないでしょうか。
現れては消え入る我々にご注目くださいませ

◯尺八
尺八パートは小節休みが他に比べて多く、吹くフレーズはほとんどがメロディなので
絃方に埋もれないように主張しなければなりません。
また4章(夏)の冒頭8小節は尺八パートのみなので、それまでの雰囲気を変えられるよう朗々と吹くことを心がけています。
そしてこの曲の全体に散りばめられた、乙から甲、甲から大甲のような1オクターブの跳躍が尺八パートにもあるため絃方のように滑らかな切り替えが求められます。とくにラストにある、全音符の「ピ」から2オクターブ下でffの「乙ロ」ははっきりと音にならないことが多々あり、難所のひとつです。





全体としては、細かい動きをできるようにする、というよりは、音質を揃えたり、音数の少ないところでいかにぴったり合わせるかというところに気を配りました。



最後に、3人の1年生にとって「よごとぐも」は初めての大合奏曲です。
それぞれ箏、三絃を担当する2人の1年生に聞きました。

音楽経験がなかったので、やることすべてが新鮮でした。その中で、箏や尺八と演奏するというのは特に新鮮で、一番難しく、また楽しく感じました。楽器の音が違うと、少しずれただけで全然印象が変わってしまいます。しかし、練習するなかでできることが増えて、音が合わさっていくのにはとてもやりがいを感じました。この合奏を通して合奏の楽しさを知ることができ、かなり成長できたと思います。

大合奏では十七絃が全体のリズムを決める、ということは前々から先輩方から教えて貰っていましたが、いざ合奏となると初めは自分のことで手一杯になってしまい、なかなか十七絃やほかの音を聴く余裕がありませんでした。
また、演奏者が増えれば増えるほど音の揃いがますます重要になることも大変で、箏では合わせの爪の音など箏曲よりもさらに気を遣わなればなりません。大変なことばかりでしたが、練習を積み重ね、少しずつ出来るようになってきたと思います。
 
2人とも、成長できたと語ってくれました!
この1年生3人には本当に感謝です。2年生が少ない日でも安定して一曲通せるほどしっかりと弾けていて、伝えたイメージに近い音質もたくさん研究してくれました。ありがとう!
2年生の4人、ポンコツ曲リーダーでごめんね、ありがとう!



以上、おゆいによる「よごとぐも」曲紹介でした!

オマケ・・・

三絃2年生による名言をご紹介。
ふと空を見上げた時この曲を思い出していただけたら、それはとてもうれしいなって。
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日

水・木 16~20時

土 13~18時

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム