鷹(沢井忠夫 作曲)

今年の定期演奏会一曲目は

「鷹」(沢井忠夫 作曲)です!

早速ですがこの曲について紹介していきたいと思います。

1. 編成
2. 構成
3. 難易度
4. 大変だった所
5. 好きな所

以上の順で書いていきます。

1. 編成

箏二重奏です。
一箏は一年生、二箏は二年生が演奏します。

2. 曲の構成

前半・中盤・後半の三部構成です。
以下それぞれを見ていきます。

前半
華やかさを詰め込んでいる感じです。
前半は綺麗な部分もかっこいい部分もあるため、中盤と後半をぎゅっとつめてる印象で弾いていて楽しいです!
華やかに始まり、途中からはサビ(と思っている部分。以下サビで記載)に入り力強い部分も出しつつ、
最後は落ちついて中盤に繋がります。

中盤
ここは鷹が悠々と飛んでいるイメージです。でもその中でも楽しそうだったり物寂しい部分もあります。
中盤はいろいろな雰囲気が入ってるのが好きです。
前半と後半に比べると落ち着いていて、メロディーも綺麗な所が多いです。

中盤は一箏・二箏の間でメロディーが移り変わる部分がいくつかあるので、そこが綺麗に移ったように聞こえればいいなぁと思っています。

後半
後半は力強くてかっこいい!という印象です。
後半の冒頭からサビで始まり、途中一箏と二箏の掛け合いをはさみながら最後のサビへ盛り上がっていきます。
また、後半では一箏のグリッサンドの連続があるので華やかさもあります。
最後は鷹が遠のいていくように静かに曲が終わります。
サビの部分は鷹が空をぐんぐん力強く上昇している姿を想像しています。

3. 難易度

一箏も二箏もそんなに難しくはないはず...と思っています。
今回一箏を弾くのが一年生なので、一箏は一年生でも弾けると思います。
二箏は一箏に比べると細かいところが何回か出てくるので、そこで手が回りそうなら一年生でも大丈夫なんじゃないかなとぁ思います。(ちなみに私は慣れるのに大分苦労しました...)

押しは一箏・二箏ともに出てきます。毎ページ何回か出てきます。
両方とも同じぐらい出てきてたと思います。ただ全押しはないです。
技法としては一箏は押し、ピッチカート、合わせ爪、グリッサンド、スクイ、トレモロが出てきます。
二箏はグリッサンドがないだけでほぼ同じです。

4. 大変だった点

一箏・二箏のそれぞれ大変だった(大変そうだった)部分と合奏する時に意識している所を挙げてみます。

一箏
隣り合った絃での合わせ爪(押している状態)で音量出すのがとても大変そうでした。
私も練習してみたのですが隣り合った絃の合わせ爪弾きにくかったです。しかも8小節も続く!辛い!
個人的に思う一箏の一番大変そうな部分はそこでした。

あとは、一箏のみに何度か出てくるグリッサンドを華やかにするというのと
サビの部分の力強さを出すのと押しを頑張っていたなぁと思います。

二箏
サビの部分などで十六分音符が続くところが何度かあって、その部分の手が回らなくて苦労しました。
あとは押しの回数が多かったのも個人的には大変でした。(※押しがとても苦手な人の意見です。)
三の押しをしながら、二と三の合わせ爪をする部分があるのですが遠くて押し切れてない状態によくなりました。

合奏の時
以下箇条書きで挙げます。

・スクイ
一緒にスクイをしてる部分があるのですがそれを揃えるのが大変でした。
ずれるとバラバラした感じになってしまうので、お互いの音を聞いて揃えるのを意識しました。

・掛け合い
後半で二人が掛け合いしてる部分を、一人で弾いているようになめらかにするのを頑張っています。
爪とピッチカートの両方ともを意識しないといけないのが難しかったです。

・ヒキ
最初はひく時のタイミングが揃えることだけに意識がいっていましたは、離すタイミングについても揃えなきゃいけないことを知り今はひくのも離すのも呼吸を合わせながら弾いています。呼吸を合わせるって大変だなぁと常々思っています。

5. 好きな部分

・掛け合い
先ほど書いた通り大変なのは大変なのですが、その分綺麗に繋がった時が気持ちよくて楽しいです。
本番の時もなめらかに繋がればいいな~

・中盤の雰囲気
落ち着きながらもいろいろな雰囲気を持っていて好きです。
個人的には物寂しい感じの部分に入った所の一箏が好きです。帰りたくなる。

・サビと最後のサビ以降
空をぐんぐん上昇したり、かっこよく羽ばたいてる感じがあって楽しいです。
そしてサビは一箏がかっこいいです!聴いてて楽しいです。
また最後のサビが終わると、前半にあったメロディーを一箏は合わせ爪で、二箏はスクイで弾く部分に入るのですが、そこが空を自由に駆け巡っているようで二箏的には弾いてて楽しい部分です。


以上、二箏によるほぼ定演直前の「鷹」の曲紹介でした!
あと5日...曲紹介全く間に合ってないですね!ばなちゃんに次会う時が怖い。

そして、冒頭にも書いた通りトップバッターなのでかなり緊張してると思います。(笑)
ただ一曲目から楽しんでいただけるように二人で精一杯頑張りますので、優しく見守っていただければと思います!

ではあと二回の練習頑張ります~
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
演奏会のお知らせ

第50回
三重大学邦楽部
定期演奏会

平成29年12月24日(日)
16時半開場 17時開演

 

津リージョンプラザお城ホール
→会場アクセス

 

当日500円(前売り400円)

 

お問い合わせ(メール)

 

曲目はこちら

 

+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+

 

ぜひお越し下さい。お待ちしております!

 
カウントダウン
定期演奏会まで:
着物のたたみ方など

☆着物の着崩れの直しかた
着崩れの対処法


振り袖・長襦袢のたたみ方。
着物のたたみ方

 

実際のたたみ方はyoutubeで。
きもののたたみ方
長襦袢のたたみ方

 

「夜衣だたみ」というやりかたも。

夜衣だたみ


袴のたたみ方(男子 )
袴を畳みます

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム