海鳴り(石井由希子 作曲)

「海鳴り」について紹介したいと思います。

「海鳴り」は、二年生二人による、十七絃と三絃による二重奏曲です。

そもそも海鳴りとはどんなものかといいますと…

 『海鳴り(うみなり)とは、海から聞こえてくる轟音のこと。その多くは海岸付近において聞かれる。海鳴りの音は、「ゴロゴロ」「ゴー」「ゴゴゴゴゴ……」といった表現がなされ、雷にも喩えられる。(中略)海鳴りが発生する時の気象や海況の特徴として、海岸部に比べて沖の方が荒れた天候であること、空が低い雲に覆われてどんよりとした天候であることが挙げられる…』
Wikipedia「海鳴り」項より

曲中では、十七絃がうねる波を、三絃が雷や嵐の雰囲気を表現していきます。



曲の構成

海鳴りは、おおまかに三つ、前半、中盤、後半で構成されています。

・前半

十七絃の波が遠くから登場します。
波がだんだん、だんだん大きく迫ってきたところで、三絃が突如、鳴り響きます。
緊張感のある始まりから、一気に、この曲がどのようなものかがわかると思います。

十七絃は、しばらく同じ形を繰り返しながら波を表現しているのですが、常に一定ではない海のように、浮いたり沈んだり、遠ざかったり迫ってきたりします。そしてそこに三絃が対峙し、変化する海に乗っかっていきます。

見どころ ⇒ 十七絃の波の表現、三絃の最初の登場・ポルタメント(*)、二人の掛け合い&シンクロするところ

*ポルタメントとは:
『ポルタメント (portamento ) は、ある音から別の音に移る際に、滑らかに徐々に音程を変えながら移る演奏技法』(wikipedia

・中間

拍子が、前半はノリのいい3/8拍子だったのですが、中間はおっとりした4/4拍子に変わります。

前半とは一転して、海の穏やかな一面が顔を出します。十七絃のアルペジオが美しく響き、雰囲気が平和な感じに変わります(笑)
そこに三絃が単音で現れ、十七絃と交互に弾いていくのですが…それが地味に難しい!!
11月合宿まで、先輩方に「二人でテンションがちがう!」と言われまくっていました(笑)。
3回ほど同じような構成が続くのですが、それぞれをどう表現するか、変化をつけるのかがとても悩みました。ほんとうに(小声

他にも、三絃の技法(すり上げ、すり下げ*)も、ちょこちょこ出てきますので、耳を澄ませてお聞きください!
また、後半に向かうにつれ、緊張感が高まっていくので、ドキドキして聞いていただけたらと思います。

見どころ ⇒ 十七絃と三絃の掛け合い、アッチェレラントとリタルダンド、三絃のすり上げ・すり下げ、雰囲気の変化

*すり上げ・すり下げとは:
「低音のツボを抑えたまま高音のツボへ移動する」、また、「高音のツボを抑えたまま低音のツボへ移動する」。一音が変化する技法。(参考「三味線のある生活」

・後半

後半の各パートの悩みどころ:
三絃 = 延々と続くアクセントとスクイ
十七絃 = スタミナ不足から、一番盛り上がるところなのに、盛り上げきれない!

盛り上げたいけれど、迫力と音量を保ってずっと弾き続けることができず…。

先輩方に、「落ち着くところ、一番聞かせたいところは?」と何回か結構前から聞かれていたのですが、
(…後半入ってすぐはもちろんそのままのテンションで行きたい…でもその次も三絃いい感じだから落ち着きたくない…でもその次も特に盛り上がらないところでもないような…あ、ポルタメントきた…)
といった調子で、なかなか決められませんでした(笑)

悩んだまま11月を終え、12月合宿に入り……最終的に「曲になった」のは、12月合宿が終わった時だった気がします。
先輩方には、本当にご心配おかけしましたが、曲作りとはバランスなんだなと学習しました(笑)

見どころ ⇒ 三絃のアクセント・ポルタメント、十七絃の細かな波の音、最後のフォルティシモ……つまり全部です!

とにかく、後半は、十七絃はもちろん、三絃もひたすらノンストップで弾いていきます!
もう後がない、と覚悟を決めて臨むので(笑)、最後までどうぞお楽しみください!!
汗をかくくらい全力で弾ききって、ジャンっとすっきりかっこよく終わりたいと思います。




今週の木曜日で、定期演奏会まで残り1か月!!
実質練習日を数えると、なんと残りたったの15日……。わー知りたくなかった事実!成果発表の翌日の作業日に、立て看板作成など、着々と定期演奏会に向けて準備は進んでいるものの…圧倒的に心の準備が足りていないです(笑)
残り少ないですが、悔いを残さないように頑張りたいと思います。
とりあえず、海鳴りの修正と、個人的にはスクイをどうにかしたいです!絶対どうにかします!
三絃2年のどのでした。

演奏会、ぜひお越し下さい。お待ちしています。
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
演奏会のお知らせ

第50回
三重大学邦楽部
定期演奏会

平成29年12月24日(日)
16時半開場 17時開演

 

津リージョンプラザお城ホール
→会場アクセス

 

当日500円(前売り400円)

 

お問い合わせ(メール)

 

曲目はこちら

 

+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+

 

ぜひお越し下さい。お待ちしております!

 
カウントダウン
定期演奏会まで:
着物のたたみ方など

☆着物の着崩れの直しかた
着崩れの対処法


振り袖・長襦袢のたたみ方。
着物のたたみ方

 

実際のたたみ方はyoutubeで。
きもののたたみ方
長襦袢のたたみ方

 

「夜衣だたみ」というやりかたも。

夜衣だたみ


袴のたたみ方(男子 )
袴を畳みます

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム