トワイライト・セイリング

水川寿也作曲 「トワイライト・セイリング」
の曲紹介をしたいと思います。
この曲の編成は尺、十七絃です。

曲名の通り夕暮れの海をイメージしてつくられた曲です。




前半、中盤、後半に分けて曲のイメージを紹介していきたいと思います。

前半
船旅の始まりです。
夕暮れにゆるやかな波が浜辺に打ち付けている光景が浮かびます。
曲が進んでいくにつれて船は波に乗っていき・・・
前半のポイントは8分の6拍子から4分の4拍子に切り替わるところです。
ここを境に曲はどんどんノリにのっていきます。十七絃が切り替えるのですが、ここの切り替えがうまくいくと気持ちいいんです~


中盤
私たちは「アラブのところ」と呼んでいます(笑)
怪しくてねっとりとしたメロディーが不安感をあおります。
どこか不思議な場所に迷い込んだような、次に何が来るか分からないドキドキを感じてもらいたいです。
弾いている本人たちはこの中盤がお気に入りで
「どーだ怪しいだろ~ドヤ~」という表情をしていると思うので定演ではそこにも注目してください(^o^)


後半
中盤の怪しさを振り払うように船は前に進んでいきます。
前半と同じメロディーが繰り返されるのですが前半にはなかった荒々しさが後半では感じられます。
曲のクライマックスに向かって尺八も十七絃も一緒に激しくなっていき、弾いていても体が熱くなってきます!





楽器別に苦労するところや楽しいところを紹介します!

~十七絃~

前半にある拍子の切り替えがやはり大切です。曲を途切れさせてしまわないように
さりげなーく拍子を変えられるよう心がけています。

十七絃は全体を通して前に前に進むイメージで演奏しています。
荒々しい場面や怪しい場面など最初の雰囲気を作るのは十七絃の役目だと個人的には感じています。

後半の盛り上がりは楽しいですね。
ただはりきりすぎるとスタミナが途中で切れてしまうので一番の盛り上がりどころを意識してそこまでに全力を出し切らないように注意しています・・・

~尺八~

半音がたくさん出てきます。
そのため7孔尺八で吹いた方が絶対に楽です・・・!
今回の定演は5孔尺八で演奏しますが、音量を出すために替え指をいっぱい使っています。

中盤のはすり上げという技法を使って怪しげな雰囲気を出すのが楽しいです。

後半の盛り上がりは前半にもあるメロディーを1オクターブ上で吹いています。
クライマックスに向けて盛り上がる感じが楽しいですが、十七絃と同じようにスタミナ切れには注意しています。




二人だけでの演奏ですが、激しさや怪しさ、切なさなど様々な表情を見せられるよう
残り少ない練習を頑張りたいと思います!
一緒に船旅を楽しみましょうo(^▽^)o
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
演奏会のお知らせ

第50回
三重大学邦楽部
定期演奏会

平成29年12月24日(日)
16時半開場 17時開演

 

津リージョンプラザお城ホール
→会場アクセス

 

当日500円(前売り400円)

 

お問い合わせ(メール)

 

曲目はこちら

 

+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+

 

ぜひお越し下さい。お待ちしております!

 
カウントダウン
定期演奏会まで:
着物のたたみ方など

☆着物の着崩れの直しかた
着崩れの対処法


振り袖・長襦袢のたたみ方。
着物のたたみ方

 

実際のたたみ方はyoutubeで。
きもののたたみ方
長襦袢のたたみ方

 

「夜衣だたみ」というやりかたも。

夜衣だたみ


袴のたたみ方(男子 )
袴を畳みます

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム