「海原をゆく」

うなばらうなばら!!!
…一応曲リーダーなので海原について書いておきます。

山本普乃作曲 「海原をゆく」
この曲は「しぶき」、「雨」、「彼方へ」の3つの章で構成されています。

(作ったイメージでは、日本海→津軽海峡→太平洋→フロリダ、と航海(?)していく幼女の物語です。幼女である必要性は何一つありませんが、なぜか幼女です。)

1章「しぶき」
荒れ狂う冬の日本海。
前半はサスペンスドラマなどで出てきそうな切り立った崖に打ち付けるしぶきをイメージしています。
後半は崖から落ちてしまった(落とされた?)幼女の海底での様子。波に揺られながら沈んでいく幼女の想い(箏)と、周りの水圧(17絃)や水流(尺八)を表現していきたいです。


2章「雨」
箏と三絃のソロから始まります。
ソロは、箏の、しとしとと穏やかに降りつづける雨と、勇ましい(予定の)三絃。
ソロが終わった後は、物寂しくも温かみのある雨を風景に、海中にいた幼女を拾って助けた船長と幼女が心を通わせていきます。
最後には幼女が広い世界へと旅立っていく決意を持った様子があらわせるといいなぁ…。
1章と2章は主に尺八がメロディーです。注目ですよ!!


3章「彼方へ」
題の通り、広い世界へと旅立つ幼女です!
前半では、尺八→箏→三絃へと、メロディーが順に移り変わっていきます。
どのメロディーもとても格好いいので、各楽器の見せ場としてきいてもらえると嬉しいです。そして、このメロディーの格好よさは17絃の伴奏があってこそです。後半は、勢い!と、迫力!で広い太平洋へと漕ぎ出でて、そのまま新天地であるフロリダへと突っ走って行きたい!です!!



演奏会まであと5日!!楽しんで演奏できるよう、あと2日の練習日、集中して臨みます!!

「うなばらばらばら」のフレーズ自体は大好きだけど、本番で海原をばらばらにはしたくないぴかでした!!!

三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
演奏会のお知らせ

第50回
三重大学邦楽部
定期演奏会

平成29年12月24日(日)
16時半開場 17時開演

 

津リージョンプラザお城ホール
→会場アクセス

 

当日500円(前売り400円)

 

お問い合わせ(メール)

 

曲目はこちら

 

+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+

 

ぜひお越し下さい。お待ちしております!

 
カウントダウン
定期演奏会まで:
着物のたたみ方など

☆着物の着崩れの直しかた
着崩れの対処法


振り袖・長襦袢のたたみ方。
着物のたたみ方

 

実際のたたみ方はyoutubeで。
きもののたたみ方
長襦袢のたたみ方

 

「夜衣だたみ」というやりかたも。

夜衣だたみ


袴のたたみ方(男子 )
袴を畳みます

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム