┌(┌^o^)┐エドサァン・・・江戸信吾さんの演奏会いってきた・・・

こんばんは、一段と冷えます今日この頃、如何お過ごしでしょうか。通称毒田です。
先日、勉強と楽しみを兼ねて江戸信吾さんの演奏会に行ってきたので、忘れないうちに色々と書き散らそうかと思います。


時は一月十三日、大手町の産経ホールにて演奏会は行われました。
都心だけあって建物が大きい!綺麗!更に区画整理もバッチリ!加えて駅からのアクセスも快適!と、ワクワクしながら向かいましたよ。

開場40分前ぐらいに着いたのですが、既にたくさんのお客さんがおりました。心なしか皆さんまだかまだかと待ちわびているような、そんな印象。
受付の方の対応もとても丁寧で、身振りとかまで練習しているのかなあと思わせるものでした。


肝心要の演奏ですが、私の中に強烈なインパクトを残した二曲について感想を書かせて頂きたいと思います。

・月しるべⅡ

尺八と十七絃が一人づつの編成だったのですが、十七絃の音が信じられないほどに綺麗。
・・・月明かりのように綺麗と言いますか、底なしに甘く優しいと言いますか。それでいて深く響き続ける音。
ほー・・・・へー・・・・おー・・・・・・ハッ!手元と耳に集中せねば!・・・ほー・・・(以下ループ)
といった具合に、曲中は完全に別の世界へと誘われていました。夢心地。耳も心も幸福の極みでございます。

あと、爪の音が全く聞こえていなかったです。・・・サラッと書きましたけど、「あいつ鉄下駄履きながら無音かつ100M走10秒台でアスファルトを走り抜けるぜ」とか「某国の重要施設に忍び込んでみたよ。ただし西洋の鎧をフル装備でね」みたいな想像もつかないような事なんじゃないでしょうか。

余談ですが、江戸さんは山で遭難した時にこの曲の構想が浮かんだそうですよ。

・ソーランスケルツォ

前々から好きな曲だったし、事前のHPの曲紹介で演奏者の方の熱意がすごいと聞いていたので、この曲が始まる前から「5曲目ね。」「あと2曲でソーランか・・・」とソワソワ。
アナウンスが終わって幕が上がるときなんて期待と、一抹の不安(?)で心臓バクバクしながら手に汗握ってました。毎度毎度youtubeの音源を聞きながら、これ本当に人間が弾ける代物なのか?合奏して合うの?と思わずにはいられないような難しい曲なので。

んで、実際の演奏を目の当たりにしたわけですが。

弾いてるよ・・・ガッチリ噛み合ってるよ・・・(驚愕)
筝の細かい所も弾きこなしてるよ・・・(空いた口がふさがらない)
尺八かっこいい(釘付け)
と、圧倒的な舞台でした。そして演奏後半、大事件が。

まさかの加速

加速といっても焦って崩れてといったものとは無縁のもの、速さ以外のその他もろもろを維持したまま、勢いやら迫力やらを上乗せするものでありました。ただでさえ見えない技術の奥底はまだ深かったです。

筝の人の手の動きが・・・音を置き去りにした・・・!?と思わせるような動き。ブラックホールのように視線を、そして意識を吸い寄せるとてつもない引力。期待を遥かに超える感動で涙やら鼻水やらが出そうになりましたとも。

そして、演奏終了後の尺八さんの笑顔がとても素敵でした。やりきった!どうだ!という感じが伝わってきてこっちまでつられてしまいましたよ。



曲についてはそんな感じです。残念ながら所用により全ての曲は聴けなかったので、ここらへんについては後述。
後は雑記をいくらか。私見も多分に含むのでご了承下さいませ。

・演奏を聴く立場になると、奏者の姿勢や表情って思ってた以上に目に入るものですねと実感しました。
・藤原道山さんは相変わらずイケメン。顔の造型や体格とは別に、立ち振る舞いまでもが美しいです。そしてこの方の尺八は存在感が凄い。
・全体的に舞台だと尺八が映えるなあとか思ってました。座る位置等の問題もあるんじゃない?とは某先輩のアドバイス。しかし良かった。吹いてみたい。感情がダイレクトに出せそう。

・個人的な話ですが、前々から一番困っていたのが「より好ましい演奏、控えたほうが良い演奏の違いがぼんやりしている」という事でした。他人の感覚なんてのは普通はなかなか感じ取れるものではないので理解が難しいですし、裏返せば、それはもし理解させる、習得させる事になった時も難しい事であるんじゃないかなと。

これは耳ができていない、良し悪しがわからない事とつながる事なんじゃないかなと思います。これができないということは光源無しで洞窟を探検するような物ではないでしょうか?むしろ玉に瑕ならぬ致命傷みたいな。色々な方の助けもあり、ほんの少しずつ感じる事ができたものの、毎度毎度引っかかる感じで。
いやでも突き詰めて考えれば絶対的に良い音なんぞ無いんじゃないか?とか、好みの問題なんか?それならプロの演奏家の演奏って何さ?とか迷走を重ねていましたが、今回の演奏会見学を通して確かに理解に近づいたなと思ってます。

G味先輩の残した文章にかいてあった、いいから演奏会に行くんだ!ってのはこんな効果もあったのかなと驚いています。先輩の遺産が有難かったです。

また行こうかなと思います。プロだけでなく色々な人の演奏を聴きに。


以上、そんなものでした。行って良かったです!


蛇足

最後にですね、先述のとおり、私は全ての曲が聴けたわけではありません。
が、某先輩もまた、当日の演奏会にいらしていた模様です。しかも始発で出てくるという熱意の下にですよ。
記事書いてくれませんかね(チラッ)僕なんかより格段に、的確でいい感じに伝えてくれるんじゃないですかね(チラッチラッ)そしたらMAPP・・・おおっと(棒読み)、HAPPYなんですけどね・・・
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

┌(┌ ^o^)┐えどさーん(笑)

果たしてこのネタがわかる人は何人いるのだろうか?(笑)
演奏会よかったぽいですね~都合上いけなかったものですが…

取り敢えず、演奏会に行くと得るものは多いと思いますよ、個人的にも思います。
実際に何回かは個人的にいってるものもありますね~別に邦楽に限ってなくてもいいと思いますし。例えば、オーケストラとかピアノ系とかでもいいと思いますし。

逆に失うもののほうが少ないですね。
お金と時間くらいかな?(笑)

そして、収穫は多かったぽい記事を書いていらっしゃるので新年会・追いコンを通してもっといい演奏を聞かせてくれると期待してます。いい演奏聞かせてくれるよね???ね?

map…も結局言ってたんですね~もちろん記事書いてくれますよね?(笑)

ではでは。

No title

演奏会良いな~江戸さん良いな~!!!!!

わたしも行きたかったー!!!!!


レポート地獄&数的処理地獄から
抜け出せない限り無理かな(笑)

あ、トム先輩、数的処理教えて下さい(笑)
↑結構本気のお願いです(笑)

でも色んなことを感じられたようで何よりです(*^_^*)

…新年会ではきっと、今回学んだことが活かされていることでしょう!←

新年会当日はドクターを凝視することにします!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日:毎週 水・木・土

 

活動時間:午後4~8時くらい

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム