現役引退しました!!・゚・(つД`)・゚・

先日12月15日(土)に行われた三重大学邦楽部第51回定期演奏会において、
3年生は部員としての現役生活を終えることとなりました。

ご来場・ご支援いただいた皆様、お手伝いいただいた放送部さん写真部さん・HelloFMさん、三味恒さん、
3年間一緒に切盛りしてくださった先生やOB・OGの方々、そして後輩・・・
本当にたくさんの人たちに支えられました。
充実した活動となるようご支援いただき、ありがとうございました!!

以下、引退する3年生による記事です▼



☆部長より☆

どうも古株3年生尺八担当、さきです。

定演本番、緊張しました~!!
なにがって大トトロ先輩に来ていただけたことが(((

3年目でもまだ舞台慣れしませんね、ほんと心残りです…が、
最後まで同期(かなっぺ)と二重奏で暴れさせていただいたことには感謝です🙇
楽しかったね!!


邦楽部在籍中は、激動の3年間&あっという間の3年目でした。

(1年生)
初期: 体験 → 尺八、音がなった!うれしい!きみに決めた!! → 入部 → まもなく同パートの先輩きえる → 気にかけたOBさん方が来てくれて教わる → 新歓成果発表、独奏\(^o^)/ → それからも定期的に面倒みてにきてもらえる神々(OB)になつく → パート練習で孤独を味わう
定演: パート内1人で孤独
定演後: 同期きえる → 学年で孤独 → 部員数総勢4人\(^o^)/

(2年生)
春休み: 自動車学校で宮崎の旅 → その間に新たな同期(かなっぺ)が入部!うれしい!!(入学式の体験で対面) 
初期: 予想以上に新入生が入部して感激! → 試奏会フル出席の変人後輩が尺八パートに入る!孤独から完全解放! → 部活が楽しくなる
定演後: 邦楽部の母(前部長)と他先輩が引退し、部長に就任 → 甘やかされて育った1~2年生だけで不安定だったがなんとかやりつつ楽しい → 同期と二重奏で暴走 → 掛け持ちクラブと部長の併走で死にかける

(3年生)
初期: どんどん後輩が頼もしくなる → 新入生が10人以上入部し感激(しかも半分男子、しかも良い子たち)!! → 人が増えてますます活気づく → 大人数に慣れていない → またまた不安定になりつつ、しっかりした後輩たちに支えられる
中期: 全体曲リーダーで死亡 → 自分が公務員講座で不在が増えるものの、見かねた2年生が先輩力を開花し部活が成り立つ → 自分いらなくなる(邦楽部の未来が明るい) → 例年より出張演奏の依頼が増えて忙しくなり、更に活気づく 
定演: 自分いなくなる(引退)



つまり(?)、部員が多いというのは良いことです^^

3年生2人だけの状況でした(笑)が、何度後輩たちに助けられたことか…

1人より2人、3人、複数人の方が、より良いものが生まれると実感しました。
頼もしい後輩が入り人数も増えたことで、
邦楽部に新しい風が吹き始め、今年度は大きく変わる1歩を踏み出せたのではないでしょうか。
カワイイ振袖女子・カッコイイ袴男子が増えたこととか(((
音楽面、組織体制の向上への見方など、変わりつつあります。

後輩達よ、(課題を多く残して申し訳ないけれど)次へ次へと繋いで、邦楽部を成長させるのだo(`ω´ )o


1年生、入部してから懸命に練習に励んでくれてありがとう!みんな舞台では堂々と演奏してくれました✨

2年生、組織として、また演奏面でも上級生として本当に頑張ってくれました!
君たちのおかげで1年生も楽しく活動でき、邦楽部として成り立ったのです。

後輩達は本当に努力家で、来年が楽しみです!!
邦楽部の未来が明るいこと間違いなし!!
これからも羽を伸ばして頑張ってくださいヽ(^o^)丿


私たちはOGとなって、先輩たちのように大好きな邦楽部を影から(微力ながら)サポートさせていただきます。

(ので、邪険にせず有効活用してね♡)


最後に

一環して言えることは、«和楽器は楽しい»ということです!!

たくさんの人のおかげで

慣れなかった楽器の扱いが上達し、
考えて、聴いてもらって、
楽しい合奏ができるようになりました。

卒業後も尺八を続けます♪
先輩方、かなっぺ、後輩のみんな、また一緒に合奏してください🙇


三重大学邦楽部、ばんざい!!!


☆副部長より☆

先日引退しました、3年生のかなっぺです!
邦楽部に入って、笑ったり泣いたり沢山の事を経験しました。

私が邦楽部に入部した日、部室には今の4年生の先輩2人しかいませんでした。
「この部活に入って大丈夫なんかな…??」というのがあの時の正直な感想でした(笑) 
でも先輩方は本当に優しく接してくれて、すごく人柄の良い人たちだなぁとその時思ったんです。こんな人たちと演奏したりしたいと思ったのが入部のきっかけです。後日出会った同期のさきちゃん、4年生の先輩も入部したことをすごく喜んでくれてあの時は本当に嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。


それから2年間、沢山の人にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。


まずは1年生!

部活の事を一生懸命考えてくれる子たちばかりで本当に良い後輩に恵まれました。幸せ者ですね…!!

特に箏メンバーとは一緒に定演曲について「ここの強弱どうしよう?」とか考えたりしてとても楽しかったです。ありがとう。
引退はしましたが、またの機会に一緒に合奏したりしましょう♪


そして2年生。

私よりも断然しっかりしていて、「学年交代した方がよいのでは??」と思ったほど(笑)
こんな私にも愛想つかさずにサポートしてくれていた2年生には感謝しかありません。

2年生がいてくれたから、支えてくれたからこうして引退するまでやってこれました。
何回も言いますが本当にありがとう!!

これから1、2年でやっていくことになりますが、皆だったら大丈夫!だと思っています!

必要ないかもしれませんが、たまに様子を見に行けたらいいなぁと思っています。


そして4年生の先輩方。
本当に最後までお世話になりっぱなしでした(笑)

しっかり者で、演奏もピカイチで、先輩方は私にとっていつまでも憧れの存在です。

頼りなくて上級生なのにおろおろしていた私を引退してからも沢山助けてくださいました。
本当はもっとしっかりしなきゃいけないところだったのですが…すみませんでした(´;ω;`)
そしてありがとうございました!!


そして最後に同期のさきちゃん。

たった一人の同期で、本当に迷惑かけまくったし(今も急かされてブログを書いている…確か去年もそうだった気が)、お世話になりました。
今年は部長ということもあり(そして副部長が頼りないこともあり)、本当に大変だったと思います…!!

ほんわか楽しくやっていた2年生。あわあわしまくった3年生。
楽しいこともつらいこともありましたが、さきちゃんがいたからこそ頑張れたと思います。

お疲れさまでした!そしてありがとう!
また二重奏とかやってひと暴れしようぜ!!!!

そして記事遅くなってすみませんでした!!!!


他にもたくさんの方々にお世話になりました。

本当にありがとうございました!!

ありがとうしか言っていませんが、これで私の最後の記事とさせていただきます。

これからの邦楽部のさらなる活躍を心から祈っています(*´ω`*)





以上になります♪

副部長がギリギリまで記事を書いていたため、なんと今年も今日で終わりますね…( ゚Д゚)


今年1年本当にありがとうございました。
皆さんにとって2019年が素敵な1年になりますように。



それでは良いお年をお過ごしください☆彡
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

第51回定期演奏会を終えました

第51回定期演奏会、無事終了いたしました!
今年も沢山の方々にご来場いただき、
部員一同大変嬉しく思っております。

また、今年も多くのOBOGの皆様にご協力頂きました。
本当にありがとうございました。
今後とも、三重大邦楽部をどうぞよろしくお願い致します。

縦看板 



さて、遅くなってしまいましたが
定期演奏会についての感想や写真などを
載せていきたいと思います〜!

①よごとぐも(川崎絵都夫)

今回の定演はこの曲から始まりました。
初めの曲と言うことで練習してきましたが、
やはり本番の緊張はすごかったです。

それでも曲が始まり、メモで汚れた楽譜をみながら弾いている内に
自然と落ち着きが出てきました。
その結果、各パートが役割をしっかり果たし、
練習の成果を存分に発揮することができました。

曲が終わり、拍手のなかで緞帳がおりてくるときの
緊張と達成感が混ざったような感覚は今でも忘れられません。
(三絃1年生より)

よごとぐも 

②津軽(西崎悠山)

どうも、一年尺八パートのこんちゃんです。
僕からは『津軽』についての感想を言いたいと思います!

この曲は尺八二重奏で
第1尺八と第2尺八の掛け合いが多いところやリズムの変化が特徴です!
また尺八の基本的な五音(ロ、ツ、レ、チ、ハ)
指打ちという技法により、民謡らしくて趣深い曲となっています!

僕は本番でこの曲の情景を思い浮かべやすいように
またリズムに乗って聴いていただけるように頑張りましたが
感じ取っていただけたでしょうか??

はじめての定期演奏会、自分初登場の曲で
恐ろしく緊張しましたが、偉大な先輩方2人に挟まれ、
安心して演奏することができました!

速い指打ちを先輩と合わせることが難しく
本番でもできたかどうか怪しい...ですが、
楽しく演奏できたので心残りなく演奏を終えました。

『津軽』は初めて演奏した曲なので
大切にして、今後も演奏していきたいと思います!
(尺八1年生より)

津軽 

③風雲(菊重精峰)

2年の部活時間を恐らく一番費やした曲。
風を知り、舞を知るために猛練習した日々を思い出す。

定演では惜しくも最善の風を奏でることはできなかったが、
躍り狂う暴風となった我らの勢いは
これからも収まることを知らないだろう。

(訳:今年もっとも練習時間を費やした曲。
「風雲」を表現できるよう猛練習した記憶もまだ新しいです

本番では納得のいく演奏は出来ませんでしたが、
この曲に触れたことで大きく成長したと思います!
僕達のさらなる飛躍にご期待ください💪)

(原文:三絃2年 訳:尺八2年)

風雲 

④雪はな(吉崎克彦)

この曲は今回の定期演奏会の中で唯一の一年生曲でした。

11月の成果発表の段階では
決して曲が出来上がったと言えるような完成度ではなく
改善しなければならない点がたくさんありました。

内心、「定期演奏会のレベルを下げてしまう演奏になってしまうのではないか…?」と感じた時もありました。

本番直前、幕が上がる前に4人で顔を合わせたことは
まだ脳裏に焼き付いています。

あの瞬間、緊張が和らいだ気がして、
落ち着いて演奏できました。

演奏が終わり、自分では今までで1番の出来を確信していましたが
4人とも同じことを感じていたことを後から聞き
約半年4人で練習していると感覚も似てくるのかなあ、
などとしみじみ思ったり…。

先輩方の「良い演奏だった」という言葉が
大きな自信に繋がりました。これからも頑張っていきます!
(箏1年生より)

雪はな 

⑤星降る谷間(池上眞吾)

3年生ふたりの箏・尺八二重奏曲♪
とても綺麗な曲ですが、
難易度が高いうえに本番は暗譜...😇

合奏がなかなか活動時間にとれず、
居残りする姿を見るのもしばしば

しかし、おふたりの演奏を舞台裏で聴いたときは
ただひたすらに圧倒...!!

引退されてしまうのが寂しいですが、
先輩方に近付けるよう努力せねば、と決意しました💪

(尺八2年生より)

星降る谷間 

⑥虹の彼方に(江戸信吾)

今まで後輩と演奏することがほとんどだったので、
今回先輩方と演奏できて嬉しかったです!

一番経験の浅い私は先輩方についていくのに必死でしたが、
たくさん学べていろいろ成長できた気がします!

当日は(覚えていないことが多いですが笑)楽しく演奏できました!
楽しんでいただけていたら幸いです(*´ω`*)

(十七絃4年生より)

虹の彼方に 

⑦民謡メドレー

顧問の新田先生たち含めて4人での演奏です!

今年の2月から練習を始め、最初は琴古流の楽譜に悪戦苦闘...😱
ですが、毎週の昼休みに合奏を続け
ようやく舞台で披露するまでに至りました!

「伊勢音頭」「小諸馬子唄」「黒田節」「炭坑節」「コキリコ節」に加えて「もののけ姫」の計6曲♪

普段は民謡には触れませんので、とても勉強になりました
来年の演奏も楽しみです!

(尺八2年生より)

民謡メドレー 

⑧SAKURA(水川寿也)

今回の定期演奏会のトリを飾ったこの曲。

リハーサルで不安になる場面がありましたが、
本番の緞帳が上がる前には緊張と楽しみな気持ちで
ワクワクドキドキでした!

今回、三絃2のパートは元々一人で演奏するパートを
二人で演奏しているので
ひたすら音量に気を使いながら演奏しました。

ですが、やはり部室で練習している時とは違い
舞台ならではの音の聞こえ方があって
臨機応変に対応できるようになりたいなあ…と感じました。

そして何と言っても
私の中でこの曲の山である1年生2人のソロ!

夏休みから試行錯誤を繰り返し何度も練習してきたソロが
良い形でお客様に届けられたように思います!
大満足です!

最後に、わたしにとっては
今回の演奏会で引退の三年生の先輩方と一緒に大合奏できる
最初で最後の機会でした。

とても幸せな時間を過ごせました!
これからも精進して参ります!

(三絃Ⅱパート1年生より)

SAKURA 



裏話(?)ですが、今年も沢山差し入れを頂きました〜
葡萄やトマトもありましたね😊ビタミン源😊(?)
みんなで美味しくいただきました、ありがとうございました!

ちなみに私の今年のお気に入り写真はこれです↓

舞台裏 

舞台裏からステージに出る時ですね、躍動感あって好きです。
済ました顔で(?)弾いていますが、裏では結構動いているのでした…笑

最後までご覧頂きありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い致します

良いお年を〜!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

12月のお知らせ

予定

1日(土) 成果発表

8日(土) 通し稽古

15日(土) 定期演奏会本番

16日(日) 反省会・打ち上げ

23日(日) 出張演奏

★通し稽古★

8日(土)17時~
課外音楽棟C室にて

★定期演奏会★

*と き
平成30年  12月15日(土)
17時 開演 (16時半開場 19時終演予定)

*ところ
津リージョンプラザお城ホール
(市役所隣接・市立図書館の3階です)

*入場料
500円 (前売り 400円)

*お問合せはこちら
(チケットお取り置きなど承ります)

★出張演奏★

尾平deコンサート

*とき 12月23日(日) 13:00~13:30、15:00~15:30

*ところ イオン四日市尾平店



一年三絃担当の大石です。

ブログの投稿画面にたどり着くのに結構時間がかかり、
己の情報弱者ぶりを痛感させられます、、、

さて、定期演奏会も二週間を切り
いよいよという感じです。
個人的に夏から急成長をしていますが
まだまだ課題がたくさんあります(-_-;)

今週は最後の通し稽古があるので
何とかここまでに完成させたいです。

場合によっては忍び込んで
練習することも考えておこうと思います、、、

三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

第51回定期演奏会のお知らせ


三重大学邦楽部 第51回定期演奏会


第51回定期演奏会 パンフレットデザイン 



*と き
平成30年  12月15日(土)
17時 開演 (16時半開場 19時終演予定)

*ところ
津リージョンプラザお城ホール
(市役所隣接・市立図書館の3階です)

*入場料
500円 (前売り  400円)

*お問合せ
邦楽部サイト メールフォームよりお願いいたします。
(チケットお取り置きなど承ります)




詳細は後日、曲紹介で解説します

曲目:
1.<オープニング曲>「よごとぐも」(川崎絵都夫 作曲)
 …現役生8人で演奏会1曲目を華々しくかざります
2.「津軽」(西崎悠山 作曲)
 …現役生による尺八二重奏曲です
3.「風雲」(菊重精峰 作曲)
 …2年生ふたりの三絃・尺八二重奏曲です
4.「雪はな」(吉崎克彦 作曲)
 …1年生による箏二重奏曲です
5.「星降る谷間」(池上眞吾 作曲)
 …3年生ふたりの箏・尺八二重奏曲です
6.<OB曲>「虹の彼方に」(江戸信吾 作曲) 
 …OBによる箏2、十七絃、三絃、尺八の演奏です
7.<顧問教官と部員による>「民謡メドレー」
 …顧問の先生とOB、現役生が一緒に演奏します
8.<全体曲>「SAKURA」(水川寿也 作曲)
 …現役生10人で演奏します。どうぞお楽しみください
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

第51回 定期演奏会


2018(平成30)年12月15日(土)
津リージョンプラザお城ホール
(尺 ・箏 ・三 、長: 、副: )


  1. よごとぐも  (川崎絵都夫 作曲)
  2. 津軽  (西崎悠山 作曲)
  3. 風雲  (菊重精峰 作曲)
  4. 雪はな  (吉崎克彦 作曲)
  5. 星降る谷間  (池上眞吾 作曲)
  6. <OB曲> 虹の彼方に  (江戸信吾 作曲)
  7. <顧問教官と部員による>  民謡メドレー
  8. <全体曲> SAKURA  (水川寿也 作曲)
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

12月成果発表を終えました!

こんにちは!

なんと…気づいたら定期演奏会本番が来週に迫って参りました!
早いですね…。




その定期演奏会に向けた最後の成果発表が12月1日にありました!
今回は前回の成果発表から2週間しか経っておらず、また、そのうち1週間は学祭と被っていました(゚д゚)
なので、本当に練習時間が短く大変だったと思います。

また、最後の成果発表ともあって、お忙しい中多くのOB・OGさんが来て下さり、たくさんのエール(ムチ…?)を頂きました。本当にありがとうございます。OB・OGさんの言葉を聞き、いつも奮い立たされる日々です…!!

1年の私からすると、「こういう表現をしよう」とか、「こういう弾き方をしたい」というのを自分で考えるのが難しいので、先輩方からのアドバイスは本当に有り難いです。


そして、話は変わりますが、今回は諸事情あり全体曲の演奏の順番が入れ替わったことで、私は初めて「よごとぐも」(川崎絵都夫)と「星降る谷間」(池上眞吾)を聴くことが出来ました…!(感激---!!)

グリッサンドが大好物な私にとって、「よごとぐも」の、トレモロからのグリッサンド(箏パート)は
かっこいい!好き!!って感じですね。

そして「星降る谷間」はとっても綺麗で感動しました…。
星空が見えました…。




以上、成果発表についてでした。
これまでの反省を踏まえ、部員一同仕上げに向けてラストスパートをかけていきます!
ぜひ、三重大学邦楽部の定期演奏会にお越し下さい。



三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

SAKURA(水川寿也 作曲)

「SAKURA」  水川寿也 作曲

第51回定期演奏会の最後を華やかに飾る、大合奏です。
以下より曲の紹介に参ります~ヽ(´∀`)ノ




*曲について

(以下、作曲者より)

 誰もが知っている「さくら」のメロディーをモチーフに作曲しました。
 私の作品の八重奏シリーズとしては初めての一楽章形式です。

 長い冬も去り、里山に春が訪れ、さくらの花を待ちわびていた村人たちは、お花見の話で明るく華やいでいます。
 薄桃色の蕾も膨らみ、さくらの花は村を白く染める。
 やがて花は花吹雪となり大空を舞い踊る。
 このようにイメージしてみましたが、皆様にはどんな情景が見えますでしょうか?


<序盤>
全体で元気よく跳ね、華やかに開幕します。
決まったサビが繰り返し大迫力で奏でられ、聴く人をこの曲へと引き込みます。

イメージとしては 蕾~開花初期の日中の桜
「これから起こる新しい出来事へのワクワク感」ある桜を表現します!

<中盤>
綺麗で優しい箏のピチカートからはじまり、さっきまでの元気な様子から一転し哀愁ただよう世界へと移り変わります。
十七絃メロディ、箏ソロもあり、美しい箏の魅力が最大限に発揮される場面となります。
ソロ後は拍子も変わり、三絃が加わって終盤へ向けて盛り上がる雰囲気となります。

イメージは 夜桜 ・・・日中の桜と違ってどこか儚い美しさを感じますね。
春は「出会い」もあり待ち遠しいものですが、それと同時に「別れ」もあります。
色々と慌ただしい春、夜は落ち着き、ふと襲われる寂しさと哀愁。
それを乗り越える時期でもありますね^^


<終盤>
三絃ソロが中盤から繋ぐ役目となります。
ソロ中で徐々に盛り上がり、またまた壮大でカッコよく始まり、あっという間に終わっていきます。
各楽器のPRタイム(←?)が順にあり、最後あなたは和楽器に完全魅了されて終幕を迎えることでしょう!!

イメージは桜の満開時期~。ものっっっっっっすごい 桜吹雪 になってますよね、あの荒ぶった感じです。←
満開時期から桜が散る頃にはもう、前向きに頑張る決意が固まってますね!


「世中(よのなか)にたえて桜のなかりせば春のこころはのどけからまし」(在原業平、825-880年)


「世の中に桜などなければ、春は心のどかに過ごせるだろうに」
という反語的な表現で、桜のことで落ち着かない心持ちを現している和歌です。

のどかな春の日に咲き、しかしあっという間に散ってしまう桜は、日本人にとって人間の生と死の象徴であったそうです。

また、武士の世になって、咲いてはすぐに散る桜は、現世に執着せず、義のために命を捧げる武士の生き方の象徴とされたとも。


曲中の明るく楽しい様、ゆったりと愁いある様、
極端な強弱や合間のGPなどの静と動、
終始激しく変化し、颯爽と終わっていくこの「SAKURA」という曲は、上記のように多くの日本人が歌にして桜を愛でたのと同様に、
一曲を通して桜の様々な顔をイメージされるように作られたのでしょうね(´ω`人)



*ソロについて(第Ⅰ箏、第Ⅰ・Ⅱ三絃)

<箏ソロ>
中盤の転換部分にソロが入ります。
儚くも美しい音色が奏でられます。表現力が問われるぞ、3年生の力見せてやれ!!!

<三絃ソロ>
綺麗で情熱的な中盤から、ハイテンポでカッコイイ後半へと繋ぐ役目になります。
さらになんと、、、
1年生(和楽器初心者)が担当します!!!ヽ('ㅅ' ;ヽ三 ノ; 'ㅅ')ノ

本当は第Ⅰ三絃、第Ⅱ三絃の掛け合いとなるのですが、
第Ⅱ三絃である1年生2人だけでその掛け合いを実現させます。
やはり経験を積んだ上級生とまだ楽器を始めたばかりの1年生との間では音質・技術の差が生まれてしまうこと、
そして何より1年生2人が上手なことから、ソロを1年生だけに任せてみました☆

2人の音が共通の拍に当てはまり、三絃らしくバシッとした音がカッコよくきまってます。
ストイックで貫禄ある2人ですが、もちろん人前でのソロなんて緊張するので、
観客席でお聴きになる皆様は暖かい目で見守ってくださいね🙇



以下、邦楽をやる人向け

*楽器構成
箏3、十七絃、三絃2、尺八2


*難易度・見所
中級といったところでしょうか。
すべてのパートに主旋律を背負う場面があり、リタルダンドやG.P.、ケシ、三連符など、タイミングを全体でそろえるという大合奏ならではの難しさはありました。
ですが、なじみやすいメロディであるのと、各楽器ごと順番に主旋律がまわってきたりなどとわかりやすい曲なので、
みんなで楽しく大合奏♪にもってこいの曲です。
パート振り分けは以下の通りにしました。

 第Ⅰ箏:かなっぺ(3年生)
 第Ⅱ箏:おゆい(2年生)
 第Ⅲ箏:こゆい(1年生)、もりしー(1年生)
 十七絃:はるちゃん(2年生)
 第Ⅰ三絃:寺D(2年生)
 第Ⅱ三絃:さとちゃん(1年生)、K(1年生)
 第Ⅰ尺八:さき(3年生)
 第Ⅱ尺八:こんちゃん(1年生)

ご覧の通り、構成員の半数を1年生が占めているので簡単なように思われがちですが、そうでもありません。
わりと伴奏に回ることの多い1年生達ですが、土台がしっかりしてこそ主旋律が際立つものです
安定と雰囲気作りは伴奏で決まるといっても過言ではないほど・・・。がんばって練習してくれています(ノ_<)

<箏>
第Ⅰ箏>第Ⅱ箏>第Ⅲ箏といった難易度です。第Ⅲ箏は音数が少なく1年生でも取り組みやすいでしょう。
ピチカートやトレモロは時々出てきますが、押し手やスクイなどの技法が少なく初心者にも取っつきやすいかと。
※ただし第Ⅰ箏が最も指の動きが細かくソロもあって目立つので、特に音質の良さを求められるパートです。
3パート内の掛け合い場面が多く見られ、箏パート内練習が超需要。
裏メロとして他パートと全く違う動きをすることが多く、雑にならないよう丁寧に表現する力が求められます。
第Ⅲ箏は1年生2人が担当してくれています。音数は少ないのですが、パート内で一つの音に聞こえるよう合わせるのが難しかったようです::(特に押し手の音)
伴奏にまわることも多く、メトロノームと共存してくれています←

<十七絃>
音数が少なく簡単かと思いきや、逆にしんどい!というのが演奏者の心の声。
大合奏であれば、基本的に十七絃がリズムをつくってテンポキープし、周りに自分の音を聞かせるという安定剤の役目を担います。
しかしながら1小節中3音しかない&そのうち2音目は裏拍となると、想像できますね。
他の細かい動きをしたパートがヒートアップすれば止められる者がいません(((
一章と三章はほとんど同じリズム、2章は静かな場面でのメロディということもあり、
演奏者の子は少ない音数の中で音質の変化や雰囲気作り、どのように弾けばテンポキープしやすいかについて、特に意識してくれたようです。
また、一番後ろに配置され(ごめんね)ていることもあり、大人数の中でピチカートであろうが何であろうが
他の楽器に埋もれないよう120%の力を常に出してくれています(;д;)

<三絃>
スクイが程よく出てきますが、それほど難しくはなく1年生でも取り組めるようです。
第Ⅰ三絃の方が細かい動きが多く、かっこいいメロディを奏でます。
リズム伴奏になることも多々あり、安定性が求められます。曲中早くなってしまいやすいところは全体を巻き込むので要注意ですね。
両パートによるソロの掛け合いは、息を合わせバシッときまるとホントにホントにかっこいい(かっこいいしか言ってない)
大体おいしところを持っていきます((
今回は第Ⅱ三絃は2人もいるため、パート内と全体での音量バランスにとても気を配ってくれました。2人の音は融合して完全に一人分★
第Ⅰ三絃の先輩ちゃんは、音量負けないようにガンバレ( ^o^)ノ

<尺八>
ソロもなく両パートそれぞれバランス良くメロディを担うことがあり、どちらでも一年生が担当することができるでしょう。
特殊な技法はなく、むしろ低音から高音、程よいメリカリの指定音があり、初心者向けの良い練習になるでしょう。
絃楽器に負けないよう、メロディのときはいつも全力です(笑)(そのときにメリ音があると辛い)
序盤は2拍三連符を率い、中盤の綺麗な雰囲気のところはソロっぽいところであることから、柔らくも芯のある美しい音質が求められます。
終盤はとにかくカッコイイからぜってー見てくれよな★
尺八を始めたての一年生にとって辛いところもありますが、楽しんでくれているようですごく頑張ってくれてます!

三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

雪はな(吉崎克彦 作曲)

定期演奏会4曲目となる「雪はな」を紹介します。


○編成
箏二重奏曲です。
今年から箏を始めたばかりの一年生4人で演奏します!

〇難易度
合わせ爪、ピチカート、スクイ爪、押し手、グリッサンド…
「雪はな」には、箏の教本に載っているような技法がたくさん登場します。
比較的テンポが速い曲なので、連続するスクイ爪の音G.P.のタイミングを合わせることや、押し手の音の高さを揃えることにとても苦戦しました。
全体的に一箏と二箏の掛け合いが多く取り入れられているため、4人の音がバラバラにならないように、呼吸を合わせ、メロディと伴奏の入れ替わりを意識して練習しました。

○曲の雰囲気、魅力
この曲は、 「カッコいい」 という言葉が良く似合うと思います。
しかし、それだけではありません!
最初に勢いよく始まった後に「激しさ」「静けさ」という相反する雪の情景が交互に表れてきて、様々な表情を見せてくれます。
ピチカートなどで表される静かな場面では、単なる静寂ではなく、その中にひしめいた強さがあります。
終盤、一箏のピアニッシモから始まり、続いて二箏も加わって合わせ爪で盛り上がっていきます。曲の全体を通して、一番の雪の激しさを伝えることができる大切な場面です。私たちも魂を込めて弾きます!
そして、その激しさの後に響く、儚く美しい最後の一音にもご注目下さい。

それぞれの場面で、雪の強さ美しさが感じられるような演奏をしたいと思います。



激しく、時には静かに降る雪景色を思い浮かべながら聴いていただけると嬉しいです。
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

虹の彼方に(江戸信吾 作曲)

定演6曲目を飾ります!
OB曲「虹の彼方に」です!!

定期演奏会まであと10日ほどですね。思ったより定演が近くてびっくりしました。
4年生、OB1年目になりました、ばなです!
今年は先輩方と一緒にOB曲に出演します!



まず、この曲「虹の彼方に」について

この曲はビフロストの橋への続編として書いたもの。
ビフロストの橋とは、北欧の神話に出てくる神々の国に通じる、夢の橋のこと。
その橋を渡りながら、目の前に広がる景色をイメージしました。
(楽譜の解説より)


合奏していると、スケールの広さ、雄大さのようなものを感じます。
定演本番の舞台で、みなさまにも感じていただけると嬉しいです!



以下、
編成→曲の構成→各パートについて
の順で紹介していきます。

○編成
箏2、十七絃、三絃、尺八の五重奏です。
*三絃なしの四重奏としても演奏できます。


○曲の構成について
<前半>
曲の雰囲気の変化がもっとも大きいところです。
冒頭の尺八ソロで、お客様を「虹の彼方に」の世界へ誘います。
その後、しっとりと始まり、前半で一番の盛り上がりへテンポも音量も上がっていきます。
テンポは残したまま箏のきれいなメロディがあり、2箏ソロへとつながります。

<中盤>
前半の勢いがある状態から一転、静かに進んでいきます。
それは、どこか妖しく、どこか悲しげです。
前半、後半とは異なる雰囲気、音を楽しんでいただけると思います。

<後半>
しっとりしていた中盤とはガラッと雰囲気が変わります。
1箏の割り爪から始まり、最後まで激しく、突き進んでいきます!
その激しさの中でも、メロディラインを聴かせるところ、リズムを聴かせるところがあります。
移り行くメロディにも、変化するリズムにも注目です!!


○各パートについて
各パート、演奏者からのコメントです!

*1箏*
1箏は曲を引っ張っていく部分が多くあります。
難易度は高くありませんが、グリッサンドやトレモロ、割り爪など派手な技法が多く、弾くのも聴くのも楽しい、非常においしいパートです。
ほかのパートと拍や雰囲気がガッチリ合うと最高に気持ちがいいですよ!

*2箏*
2箏は1箏のハモリなど、サポート的なところが多いですが、全パートの中で細かい音が一番多いこともあり、難易度は少し高いです。
特に後半は、速いテンポで16分音符が続くところがあります。
曲を華やかにしたり、勢いに乗せたりするのに大事な役割を果たします。
途中ソロもあるので、後半の激しいところと、ソロのしっとりしたところの音質の違いを楽しんでいただければ、と思います。

*十七絃*
十七絃は、伴奏の中心となることがほとんどです。
それほど難しくないですが、オクターブの音を弾くところが多く、かつ音量を出さないといけないので、手が小さいと大変です。(苦労しました…)
メロディとなるところは少ないですが、ほかのパートの高音のメロディを、十七絃の低音で引き立たせます!
頭の片隅に、曲のベースとなる十七絃の音を意識していただけると嬉しいです!

*三絃*
この曲の三絃は、決して華やかに活躍しているという役割ではありません。
が、曲の随所随所にアクセントを入れたり、伴奏をサポートしたりと縁の下の力持ちとしてさりげなく曲を飾っています。
メロディの合間合間で響く、尺八とも箏とも、はたまた十七絃とも趣の違う音をぜひ探してみてください。

*尺八*
尺八パートは難易度が高いです。
「レ」や「ハ」の半音大甲など、とても難しい高音がふんだんに盛り込まれており、的確に音を出すのが難しい曲になっています。

聴きどころとしては、その難しい高音になります。
特に、曲のはじめ(ソロ)と曲の終わりは、絶対に高音を出すぞと気合が入るポイントです。
演奏者は音が出るのかドキドキしながら演奏するので、お客様もぜひ一緒に緊張しながら聴いてほしいです。



以上、OB曲「虹の彼方に」の曲紹介でした。
本番では、現役に負けないように、華やかに演奏します。

神々の国に通じる夢の橋を一緒に渡っていきませんか?
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

星降る谷間(池上眞吾作曲)

定期演奏会の3年生曲について書かせていただきます!!


今回3年生2人で演奏させていただく曲は
池上眞吾作曲 『星降る谷間』 です。


ずばりこの曲…

本当に綺麗!!
全ての音が透き通っている感じで、見事に美しい星空の様子が表現されている曲になっています。

そしてとにかくムズカシイ。
楽譜の難易度的にCで中間ぐらいだそうなんですが、いやほんまかいな…世の和楽器奏者レベル高すぎでは…??と日々感じております。


今回はこの曲の編成、構成、難易度についてお話ししたいと思います。


☆彡編成

箏、尺八の二重奏になっています。
2人しかいないので間違えたり失敗するとすぐばれる( ゚Д゚)ひえー
緊張しますが、スケール感のある曲にしたいと思います…!!



☆彡構成
美しい谷間の一日の経過が表現されています。場面としては大きく分けて4つになります。


①夜明け~夕暮れ前
まずは夜が明けるところから始まります。

螟懈・縺狙convert_20181202162929

イメージとしては上の画像のような感じで、日が山間から出てきているけれど、まだ夜空が広がっています。箏の合わせ爪が零れ落ちるような星空の様子を表しています。そして箏のピッツと尺の柔らかく、優しい音色が続きます。(出だしのこの雰囲気が私はとても好きです!)
そして箏のaccelで一気に次の場面へと転換していきます!
次に箏のピッツで一日の始まりを告げます。ここから尺ソロまでは穏やかな朝、静かな昼下がりを表現しています。

譛昴€€驥弱・闃ア_convert_20181202164001


(写真使いすぎやろ…て言わないでくださいね…)

次に尺ソロが入ります。ここから夕暮れへと場面転換していきます。
(夕暮れまで移るスピードがえげつない、というのも禁句です)


②とにかくかっこいい夕暮れ
箏の切なく儚げなメロディーから始まります。そこに尺のメロディーが加わり、一層儚さが増します。

螟墓坩繧契convert_20181202164406

儚げな夕暮れって想像しにくいですが、写真で見ると結構わかりやすいですね…!視覚ってすごい。この雰囲気を音で表現したい…!
そして後半は激しくて凄くかっこいいんです!!ここは尺と箏で合わせるのが本当に難しくて練習のたびに苦労しているところです(+_+)かっこよくできるように頑張ります汗


③もうすぐ日が暮れる…~綺麗な夜空、流れ星
怪しげな箏の音色から始まります。もうすぐで夜になってしまう…という不安げな感じを表現しています。(何に不安がっているのかは不明です)

日が沈み、いよいよ夜を迎えます。ここも箏が怪しげに3連符を刻みながら入ります。ここの特徴は、怪しげな雰囲気で始まったはずなのに、後半につれてその怪しさが少しずつ抜けていき、最後には綺麗なメロディーに変化しているところです。この過程を、クレッシェンドを使いながら盛り上げていくことで夜空のシーンにつなげていきます。この場面を我々は勝手に星空を見に行くハイキングコースと呼んでいます(笑)

盛り上がってからのシーンは綺麗な夜空を表現しています。

譏溽ゥコ_convert_20181202164541


そして箏ソロへとつながります。
ここでは満天の星空といくつもの流星を表現します。


④再び夜明けへ

再び一番はじめのメロディーに戻ります。私の解釈なのですが、ここで同じメロディーが入るのは①で夜明けを表現した部分を連想させるためなのかな?と思っております。
そして最後、箏のアルペジオで静かに終わります。



☆彡パート別の難易度


♪箏♪

鬼難しいです。

大変だった点は山ほどあります(笑)

一番大変だったのは、左手と右手で同時に違うことをしないといけないところですね。(右脳が発達しそう)

生粋の右利きである私からしたら、なかなか過酷でした。なんせタイピングですら殆ど右手で打ってる人間なので…それはそれで直したいところですが(笑)(ちなみに現在もほぼ右手でタイピングしております)

あと押しが多い…左手が死にます。そして押しから次の押しに向かうのが遠くて間に合わず、苦労しました。
押しに限らず、音の移動の遠いものが多いのでそれもなかなか厄介な点です…

ですが、箏パートの好きなところもたくさんあります!!

調弦が今までやったことないような音でとても綺麗です!巾から一まで流すだけで綺麗な音色が響きます。
どうすれば綺麗な音を出せるのかということを常に考えながら練習しています。

そして何より盛り上がるところ!!尺もかっこいいですが、箏もめちゃくちゃかっこいいです!!

箏と尺だとどうしても尺がメインになりがちですが、ぜひ後ろで支えている箏の音色にも耳を傾けてみてくださいね(*’ω’*)


♪尺八♪

我が同期のさきちゃんはいとも簡単そうに吹いています(本当にそう見えてしまう)が、本当に難しいのです。
(OBさんたちもこの曲は吹きたくないとおっしゃるほど…)

「大変なところは?」と聞いてみたところ、「全部」だそうです(笑) なるほど。

その中でも半音が多すぎてしんどい、最後のフェードアウトが本番でなかなか上手くいかないのが大変なんだとか。

でもやっぱり盛り上がるところののびのびした音はとてもかっこいいですね!!
序盤の柔らかい音も優しく包み込んでくれる感じがしてとても好きです。

ぜひ尺の音色に酔いしれてくださいね(*´ω`*)


(以下、相棒の尺八担当より補足)
簡単そうに吹いているように見えて光栄だけど、じつは、めちゃめちゃ必死やで(`・ω・´)!!

あまり邦楽らしさのない西洋的な曲調のせいか、筆者も述べたとおりメリ音が多いです。
おそらく7孔尺八で吹いた方が楽なのでしょうが、不器用な私は替え指などを駆使して5孔で挑みますo(`ω´ )o

つまり・・・音程調整(特に激しくなったりや音量がほしい場面)が難しい
綺麗な曲の雰囲気を壊さないように、自然に流れるように、箏とマッチングするような綺麗な音色を作ることを心がけました。





定期演奏会まであと2週間ほどとなりました…!!!!

時が速すぎる!!どないなってんねん!!という気分です。
あと2週間後。真っ赤な毛氈の上で演奏していると想像しただけで吐き気が止まりません。

でも今年で現役最後の定期演奏会。3年生2人で演奏できるのもこれで最後だと思います。

緊張でガチガチになるのではなく、楽しんで演奏して終わりたい!!ですね。
緊張しないで演奏するのは多分無理ですが(笑) 

緊張といえば。
ついこの前の成果発表にて、とあるOBさんから「緊張について紙に書いたので読んどいて~」と言われたのを思い出して拝見したのですが、
書かれていた内容がこちら↓

「お酒はほどほどに!(手が震えるほどは…)」


…( ゚Д゚)


日々の生活習慣が手の動きに直結しているかもしれませんよ…
現役生みんな気を付けましょう!!(?)


というわけで。
定演当日は、万全な態勢で、楽しんで演奏をしたいと思います♪


以上、箏パートかなっぺでした~
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日

水・木 16~20時

土 13~18時

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム