熊野参詣(^(Ξ)^)

定期演奏会用の曲ではありませんが…
新歓成果発表で披露する上級生曲の1つ、熊野讃景(大嶽和久 作曲)について、ざっくり曲紹介をします!
演奏者の方に、なんとなくイメージを掴んでいただければと思います('-'*)
箏メンバーからの不人気具合に耐えかねて尺八奏者より


<編成>
Ⅰ箏、Ⅱ箏、十七絃、三絃、尺八


<曲の構成、イメージ>
「いにしえより信仰を集めた熊野三山への参詣道として多くの人々が歩いた熊野古道には、
風情ある石畳や道標など歴史の香りが漂う。
2004年に世界遺産として登録された日本の原景である熊野を代表する四景を旅します。」
  (大嶽和久)

作者は「熊野古道」をイメージしてこの曲を作ったみたいですね( ´,_ゝ`)

熊野古道って?
熊野古道 大門坂 (出典:「Pixpot」www.pixpot.net/view_spots/spot/2007/kumanokodo)

紀伊山地には3つの霊場(「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」)があり、自然崇拝に根ざした神道、中国から伝来し日本で独自の展開を見せた仏教、その両者が結びついた修験道など、多様な信仰の形態が育まれてきました。
2004年7月には、この三つの霊場とそれらを結ぶ参詣道、そして自然と人の営みが長い時間をかけて形成した文化的景観が、人類共有の財産としてユネスコに認められ、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。

熊野古道MAP (出典:「熊野本宮観光協会」www.hongu.jp/kumanokodo/)


「熊野三山」とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三社等の総称であり、「熊野古道 伊勢路」は、「伊勢神宮」から、いくつもの険しい峠を越え、熊野三山を詣でるために通った“祈りの道”です。古くには、「伊勢に七度、熊野に三度」という言葉もあったほど、誰もが訪れたいと願う憧れの地でした。

章タイトルより、この曲はその<伊勢路>の景色を以下の通り、四部構成で表しているようです。

Ⅰ.『祈りの道・石畳の熊野古道
馬越峠 (2)(出典:「紀北町」 http://www.town.mie-kihoku.lg.jp/hpdata/kanko/link/magose.html)
重厚な自然石が折り重なるように敷き詰められた石畳が延々と続きます…
深閑とした祈りの道を歩む神秘的な様子が、箏の音から始まり表現されていきます。


Ⅱ.『怒濤の絶壁・楯ヶ崎
楯ヶ崎 (出典「観光三重」https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_3235.html)
リアス式海岸特有の岩が壮観ですね~!
第2部にして、この曲で一番盛り上がりカッコイイ場面となります!!!
上部写真と「怒濤の絶壁」との表現より、打ち付ける荒波と岩による大迫力が想像できます。
修験道にとっての厳しい旅路を例えているのでしょうか・・・
尺八のムライキと絃の弾けんばかりの力強い音で表現されます。

<余談>
「楯ヶ崎」は熊野古道周辺の海岸沿いの観光地の1つで、観光クルーズにより見ることが可能になります。
他の沿岸沿いのスポットに「ガマの口」と言われる熊野の「青の洞窟」(下部写真)が存在するのですが、
うっとりするほど綺麗で訪れてみたいものです・・・
青の洞窟 (出典:「熊野市観光公社」http://kumano-kankou.com/?page_id=465)


Ⅲ.『日本の原風景・丸山千枚田
丸山千枚田 (出典:「熊野古道伊勢路」 http://www.kodo.pref.mie.lg.jp/#kv)

美しい棚田の風景が広がっていますね。
峠から見えてくる日本の懐かしくも美しい伝統・文化が旅人の心を癒やします。
これまでとは一変して、優しくどこか寂しい感じの穏やかな雰囲気へと変わります。


Ⅳ.『神々の故郷・熊野三山
熊野三山 (出典:「三つ星 わかやま観光情報」http://www.wakayama-kanko.or.jp/marutabi/mitsuboshitabi/mitsuboshi.html)

熊野三山(熊野速玉大社)に終着です。
長い旅を見守ってくださった神々がここへ帰ってきました。
三つの大社は「神仏習合」の思想が根付き、互いの神を祀りあうようになってから「熊野三山」と呼ばれるようになったそうです。
ここで旅の幕を閉じます。

【参考文献】
熊野古道伊勢路 http://www.kodo.pref.mie.lg.jp/#kv (参照2018/05/14)



とりあえず上記の説明で以上となります。(もはや熊野古道の説明!!)
まだ私もなんとなくしかイメージがつかめれてないです(..;)
実際に行ってみたいですね。

さぁ、成果発表が着々と迫ってきております。
みんながんばろう~
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

海鳥の詩(江戸信吾 作曲)

定期演奏会がすぐそこまで近づいてきています…!!!

本当に久しぶりにブログを書きます。邦楽部OB3年目(?)のはしはしです。

今回は、定期演奏会OB曲の曲紹介を書きます!


海鳥の詩(江戸信吾 作曲)

雄大な海を進む漁船!カツオ漁は今日も大漁!!
それを空から眺める海鳥…そんな風景を表現します。
力強さや勢いを楽しんでいただければ幸いです。


編成
1箏、2箏、十七絃、三絃、尺八で編成されている曲です。
今回の定期演奏会3曲目「魁」と同じ編成ですね!


構成
前半
ゆったりとした場面から始まります。神秘的で静かな海を眺めているようです。
そこから打って変わって、1箏のaccelから一気に盛り上がっていきます!
海へ漕ぎ出て漁へ向かっているイメージでしょうか。元気で賑やかな感じです。
途中、十七絃だけになりリズムを刻むところがあるのですが、
それまでの雰囲気とはまた違っていてかっこよくて個人的にとてもお気に入りポイント。
前半ラストは、次のソロへ向かってひっそりと終わっていきます。


中盤(ソロ)
なんとなんと、全パートにソロがあります!!
各楽器の音色の違いを楽しんでいただければと思います。


後半
ソロの空気を突き破るように1箏のグリッサンドが入り、
箏と三絃が力強くリズムを刻んで後半が始まります。
後半は、途中途中であやしげなところや落ち着いたところを挟みつつも、
一気に突っ走っていきます!!!!
途中、三絃のポルタメントでボルテージは最高潮!
漁の勢いそのままに駆け抜けラストを迎えます。


難易度
尺八
甲音で吹いていることがとにかく多い!!
また、前半で大甲のチが出てきます……
甲音さえしっかり出れば、とても気持ちよく吹けると思います!
気分はまるで海鳥(?)


細かいことをいろいろしていて、側からみていると大変そうです…
でもグリッサンドなど技法がたくさん使われていて、
場面を華やかにしてくれたりキリッと引き締めてくれます。

十七絃
曲全体が盛り上がった雰囲気のところが多いので、
楽器全体を支えようと思うとかなり音量、体力が不可欠!
また前半では少し変わったリズムを刻んでいるので、リズム感も必要です。

三絃
三絃が目立つところに高い音があるので、神経を使いそうです。
また、この曲の三絃といえば後半のポルタメントがかっこいい!!
ぜひぜひ目立ってもらいたいものです。



とにかく、楽しんでノリノリで聴いていただければと思います!
OB5人、力を合わせて頑張ります!!ぜひ、演奏会へお越しください!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

木もれび(吉崎克彦 作曲)

今年の定期演奏会、3年生曲はこちら!

「木もれび」(吉崎克彦 作曲)です。

まず、「木もれび」を初めて聴いた時の感想は、「曲名から想像つかないくらいかっこいい!三絃高音!」でした。
…この感想だけだと、どんな曲なのか分からないですね。
ということで、もう少し詳しく紹介していきたいと思います!

「木もれび」について
編成
構成
難易度

編成

箏、十七絃、三絃の三重奏です。
冒頭にも書いた通り3年生3人で演奏します。


構成

前半
箏メインの静かで穏やかなメロディーから始まり、その後違うメロディーを挟みながら、もう一度冒頭のメロディーを三絃メインで弾きます。この辺りは基本的に穏やかです。
途中からは雰囲気が変わります。ここで各楽器にメロディーが移ったり、三パートで揃うなど盛り上がりをみせた後、徐々にゆるんでいき前半が終わります。

前半は、三絃だけでなく箏・十七絃にもメインが回ります。各楽器のメロディーの移り変わりも聴いていただければなぁと思います。
あと、三パート揃うところはかっこいいのでぜひ!

後半
やさしい日差しを浴びているような、ゆるやいだ柔らかい雰囲気から始まります。しかし、風がそよいで優しい木もれびの様子が激しいものへと変化していき…という感じです。

後半は三絃のかっこよさが際立っていきます。
最後の方の三絃はかなり高音です。初めて曲を聴いたときは三絃が高音すぎて笑いました。
でもとても激しくてかっこいい!箏、十七絃もそのかっこよさに負けないように頑張っています。

終盤はとにかく激しくかっこいいです。
ここは、原曲のようなかっこよさを出したいという気持ちと、自分達の技量で出来るレベルとの兼ね合いで中々もどかしい時期もありました。しかし定演ではそれらを乗り越えた演奏をお届けしたいと思います!

難易度

三絃
難しいです!どこか一箇所がとかではなく、曲を通して様々な技術が必要となるため全体的に難しいと思います。
その中で特にどこが難しいのか聞いてみました!

・2オクターブのスクイと1のスクイを交互に速く弾くのが難しい
「絃を抑えることでバチが当たる高さが微妙に変わり、絃に引っかかって演奏が止まってしまうなど苦労があった。
また、指で絃を押さえる・離すを交互にするため一定のツボ、音の高さを保つのが難しい。
そして、今まで演奏したことのない音の高さだったため綺麗に響かせることが難しく感じた。」

・柔らかい雰囲気の場面で音を響かせつつ、丸い音(弱い音とはまた別物)を出すことが難しい

三絃は難しい上に一番目立つ所も多いので大変だと思います。
でもその分、弾けた時に一番かっこいいのは三絃です!


十七絃
三絃よりは簡単です。
ただ、オクターブで弾く所や手が飛ぶところが多く手が忙しいです!
本来は全部爪で弾く部分を、今回は上のような理由でピチカート( 「爪」をはめていない指で弾く)に変更しています。そのため左手が常に痛々しいです…。水ぶくれが辛そう。
あとこれはどのパートも同じ、とは思いますが、その中でも特に十七絃は体力的にしんどいです!他パートを支える音量が求められるので全体的に体力が必要となります。

この曲で十七絃がメインとなることは少ないですが、伴奏の要のためすごく重要です。
特に最後の方は、十七絃の低音が支えてくれているからこそ三絃の高音も引き立つ!
あと個人的にですが、私はこの曲の十七絃メロディーが好きです。綺麗なのでぜひ聴いてほしいです!



この三つの楽器の中で、一番難易度は低いです。
ただ、柔らかい雰囲気の場面で三本の合わせ爪があるのですが三本とも綺麗に鳴らし、そして雰囲気を崩さないような音にするのが苦労している点です。
あと、押し手は前半に数箇所のみと少ないですが、静かな場面なので間違えたらすぐ分かる…。緊張の瞬間ですね。
また箏も他パートと同様に、手が飛んだりする部分や細かい部分があります!

箏は前半にメインが何箇所かあり、後半は十七絃と共に伴奏をしています。
この曲の箏の良いところはメインも伴奏もどっちも十分に楽しめるところ!
思い返すと、この曲は弾いてて飽きることが殆ど無かったなぁと思います。



あと2週間切りましたね!部長からの、曲紹介早くという圧は今年もひしひしと感じておりました。

三年生三人で演奏できるのは、これで最後。
上級生の演奏として恥ずかしくないように、そして悔いが残らないようにラストスパート頑張ります!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

円転(水野利彦 作曲)

三絃二重奏曲、水野利彦作曲「円転」についてご紹介します~。



〇編成
三絃二重奏曲です。
尺曲の第二番のように、二重奏と名のつくものでも複数人で演奏することもありますが、今回は一年生と三年生の2人でお送りします!

〇難易度
まず最初に、三絃でよく使われる基本的な技法を3つ紹介したいと思います。

スクイ
バチをおろして普通に弾いた後、もとの手の位置に戻るときに、絃をすくうように音を出します。
しゃかしゃかと同じ音や絃を早く弾きたいときや、軽い音を出したいときなどに出てきます。どの曲でも普遍的に必ず出てくる技法です!

はじき
バチを使わずに、左手人差し指で絃を押さえながら、また違う指でその側をはじきます。
たいてい、人差し指で押さえながら中指で弾きます。ピン!やビン!と少し毛色の違う、鋭い音が出ます。

すり上げ・すり下げ
指で絃を押さえたまま、上下に移動させて、響きや余韻の高さを変えます。
怪しげな雰囲気が演出できたり、音がふにゃふにゃ(?)変化して、聞いていても弾いていても楽しいです。

どれも、三絃を弾くにあたって不可欠なものです!
舞台の細かな指の動きなどあまり見受けられないかと思いますが、「ん?今なんか違ったぞ」「なんか鋭い音が跳んでくるなぁ」といったように、聞いて楽しんでいただければと思います。

さて、この「円転」でも3つの技法が満遍なく多用されていまして……、
三年生にとってはスラスラ弾ける難易度ですが、果たして、一年生で音楽経験皆無のたいがーはどうでしょうか?

難易度としては、上の中ではないでしょうか。
初心者が苦戦するスクイが多用されていて、はじき、すり上げ・すり下げもどんどん出てくる、
そんな中、休む間もなく左手で押さえる場所がたえず移動していく……。

さらに、高音も出てきます!
高い音の何が難しいかと申しますと、音が高くなるにつれ、正しい場所を押さえ、かつ綺麗に音を出すことが難しくなります。
出てくるのは曲の一部分とはいえ、正直一年生は挑戦しなくてもいい音の高さです(笑)

さらにもっと言えば、高音はじきも出てきます…!
…もう、何を言っているかわからなくなってきたのではないでしょうか(笑)
とりあえず、一年生にはなかなか骨が折れる挑戦だったということです! 一番の課題は正座だったかもしれませんが(笑)



〇曲の魅力、特徴
転がり、跳ねて、戻って、弾ける……。
この曲は、「円転」という曲名のように、丸い球があっちへころころ、こっちへころころ転がって、跳ね返ったり宙に跳んだり、最後にはポーンと弾けてしまうような、そんな印象を受ける曲です。
…と書いても抽象的すぎて伝わらないので、特徴を箇条書きで紹介させていただきます!

!噛み合っていないように見えて、噛み合ってる
 2人でまったく違うことをしているように見えて、実はお互いの音に絡んでいったり、くっついたり離れたりと、一風変わった構成になっています。それが一番の魅力ではないかと思います。

!フレーズの連続、繰り返しが面白い
 何度も出てくるすり上げ・すり下げや、弾むようなフレーズがおもしろいです。

!三絃のトレモロ
 ドゥルドゥルドゥル…と、一番低い音の絃を、バチ先で鳴らし続けるトレモロが出てきます。三絃なのに。
 一方で、同時に一年生のたいがーが高音メロディを頑張ります!

!最後はどんどん加速していって……?
 当日の演奏をお楽しみに!(笑)



〇この曲を演奏するにあたって
正直に申し上げますと、まだまだ「円転」は粗削りな部分があります。
「つち人形」のように同じ箏初心者で一曲仕上げるわけでもなく、全員それぞれ経験を積んでいる「魁」のように、やれるところまでやるのでもなく、「木もれび」のように三年生3人で更なる高みを目指すのではなく……。
では、なぜこの曲を演奏するのかというと、
一年生のたいがーに三絃曲の楽しさを知って欲しかった&私も三絃曲演奏したかった!
ことが理由です(笑)

結局何を伝えたいのかというと、
抽象的なフレーズの繰り返しが多い曲ですが、二人で頑張って練習してきたので、当日は何も考えずぼーっと聞いてみてほしい。 そうすれば、何かが見えてくるかも…?
ということです!(笑)



今年は箏曲、尺曲、三絃曲と全て練習することが出来ましたね〜。
三重大学邦楽部では久しぶりの三絃曲です。
当日は三味線の音色をたっぷりとお楽しみください!

三絃三年 どの
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

尺八二重奏曲第二番(山本邦山 作曲)

今回は定期演奏会4曲目となる尺曲を紹介します(^^)

「尺八二重奏曲 第二番」(山本邦山 作曲)


曲名が長いと文句を言われてますが、どうしようもないです。いつも尺曲と省略されています・・・
(ちなみにシリーズ物の曲で、なんと第八番まで存在しています)

▼編成▼
曲名からおわかりになると思いますが、8寸管の尺八2重奏です。
今回は第1尺八が2人、第2尺八が3人の計5人で演奏します♪


▼難易度▼
中の下レベルですかね・・・?とりあえず長いソロはありません!
第1尺八は高音、第2尺八は低音とありがちですが、第2尺八は指の動きが謎(細かい)なのと、
時折ソロフレーズから始まる場面があるので、担当の1年生は四苦八苦&緊張しているようです。
 (完全にパートの振り分け間違えた・・・ごめんよ。泣)
メリ音がたくさん出てきますが、原曲よりもテンポを落としているので、
尺八歴が半年の1年生でもなんとか吹けています。
あとは3連符やら連続音がよく出没しているので、テンポが乱れないように要注意です・・・(現在進行形で苦しめられている)


▼曲の構成▼


「伝統的な尺八の音から朗らかに千古の韻を伝えていることは、古典尺八本曲に感知するところです。
しかし、「竹」(前作品)と同様、リズムや表裏の拍子などに工夫を加え、新しい感覚による雰囲気を出そうと試みた作品です。」
  By 山本邦山

以下の3章仕立てとなっております。

<第1楽章>
全体的にゆったりとしていますが、その中でも勢いのあるところ、古典風な渋い場面など、様々な味があります。
奏者みんなで息を合わせて吹き出すタイミングをそろえたり、パートごとの短いソロがあり、
そしてリズムの違う2パートの掛け合いに苦しめられました・・・第1楽章はよくわからないと言われがちですが、見所満載なんです(^^;)

<第2楽章>
第1楽章よりテンポが上がり、ガラッと雰囲気が変わります。
「タッタータターン」のような軽やかな流れるリズムが癖になる楽しい場面です。(よくわからない人は聴いてからのお楽しみに☆)
こちらは2パートとも両者似たリズムでの掛け合いとなっております。楽しいです。早くなっちゃいます(テヘッ

<第3楽章>
さらに第2楽章よりテンポが早くなります。(が、原曲は早すぎて訳がわからないので指定よりテンポをだいぶ落として吹いています;;)
こちらはタンギング地獄でs(((((
今までとは違って2パートの音がそろい、連続音が続いて歯切れの良いリズミカルな曲調になります。
これも細かい音の連続なので早くなりがちです;;
最後の最後に勢いと体力が必要かつテンポに気を遣うことに・・・



緩徐で静寂な古典調から、リズミカルで現代的な急速調へ。
伝統と現代、この二つの音の交差の美を尺八で表現します。
お楽しみください♪

三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

AXIS-アクシス-(水川寿也 作曲)

全体曲であり、五十回演奏会の締めの曲でもある、水川寿也作曲、「AXIS-アクシス-」について紹介です。



〇 編成

箏3パート、十七絃、三絃2パート、尺八2パートの編成で、最低8人必要になる曲です。

今年この曲が出来るのは、ひとえに一年生が多く入ってくれたこと!
一年生全員、なかには一年生ひとりに1パートを任せられるくらい、みんなが練習を頑張ってくれたおかげです!
詳しい編成、一年生には色をつけておきます。一年生率の高さ…!↓

一箏 あさり(3年)
二箏 かなっぺ(2年)・そら(1年)
三箏 くぅ(1年)はる(1年)
十七絃 ばな(3年)
三絃一 どの(3年)
三絃二 たいがー(1年)
尺八一 さき(2年)
尺八二 まっすー(1年)

このように、すでに曲の中核を一年生が数多く担っています……!


「一年生に任せたパートは実際簡単なのか?」

… といえば、そうでもないです……!

今年はむしろ、一年生にが伴奏+曲の変化の要となるパートを担当し、二・三年生がメロディを担当するような編成になっています。
特に三絃、尺八の一年生が担当するパートは、一見、地味で何をやっているかわからないような、メロディの後ろで演奏する部分が多くなっています。
ですが、曲を演奏するにあたって、とても重要な役割・技量を求められるパートなのです。
伴奏ほど難しいものはないっていいますよね…)
一年生が!!ものすごい頑張っています!!



〇 難易度

初心者がやる合奏曲の難易度としては、上の下か、中の上あたりではないでしょうか。今までやった水川先生の曲の中では、難しい部類に入ると感じます。大編成ならではの難しさ、とでも言いましょうか。

・箏 十七絃

この曲で一番難しいパートは、三年生が担当する一箏です!
絃を上から下に行ったり来たり……かと思えば、いきなり遠くの絃を弾かなければならなかったり。指が細かいくせに強弱を求められるところだったり。と苦労しました。
また、二・三箏も、一箏にハモリにいったり、かと思えばその裏で両パートで掛け合いをしていたり……。と、ちょこちょこと難しいところが多いです。
十七絃は、いつもの水川先生曲の伴奏という感じなのですが、休みなしの弾きっぱなしが何より大変で、体力が必要です。
また、雰囲気の移り変わりに伴い、フレーズを微妙に弾き分けて、みんなを引っ張っていくのが大変そうでした。

・三絃 尺八

この2パートは、実のところ、パートわけをミスったことにより、ある意味自分たちで難しくした面があり……笑
二、三年生にとっては、どのパートも難なく弾ける・吹けるレベルでそう難しくはないのですが、一年生にとっては挑戦だったのではないでしょうか。
三絃は、三絃のみでの出だしや、伴奏・ハモリとして強弱をつける点が、尺八は低音でのロングトーンのキープが、大変そうでした。



〇 雰囲気、流れ

「AXIS-アクシス-」は、二部構成になっています。

・一章

一章のテーマは、明るく!楽しく!生き生きと!です!
最初から一章終わりまで、一気に駆け抜けていきます
曲の頭から全員で弾くところが数回ありますが、とてもインパクトと迫力があります。またそれに続いて、三絃パートが駆け抜けていくのもとても印象的です。
要所要所で、全員で一つのフレーズを奏でることで、曲の雰囲気を引き締めつつ、その合間に、各パートが順番に華やかなメロディを受け渡していく流れとなっています。
全体を通して単純明快で、素直に明るく楽しく弾ける・聴けるのが一章の魅力です!

・二章

二章は、元気のいい一章から一転、しっとり静かに聞かせる序盤から始まります。徐々に盛り上がりを見せ、十七ソロをはさみ、最後は全員でしっかり歌って、終わりを迎えます!
二章は、一章とは明らかに違う大きな魅力があります。それは、メロディが細かく分割され、各パートに振り分けられていることです。
同じパートでも、一箏から二箏へ、たまに三箏が入り、また一箏へ……といった風に、パート内の掛け合い、特に箏パートのやりとりが大きな聴き所となっています。
また、十七絃のソロも印象的です。曲中唯一のソロ!特に技術を披露するようなものではありませんが、場面転換の重要な役割を担っています。その前後の曲の移り変わりにもご注目ください!



〇 メンバーより一言ずつ

最後に、みんなからこの曲について意気込みや・練習で大変だったこと・アピールポイントなどを一言ずつもらいましたので、そのまま紹介させていただきますね。
どれも性格が現れていて、なかなか面白いです笑

「かなっぺ先輩と同じパートですが、AXISの二箏で大変だったのは二章の掛け合いです。また、一箏の合間に合いの手を入れるところで、テンションと音質を合わせるのが難しかったです」 そら(二箏)

「二箏との掛け合いに苦労しました。三箏の出番は少ないですが、頑張ります」 くぅ(三箏)

「パート内で細かいところをずれないようにしたり、メロディーを引き立たせるために、音量のバランスを調節しながら練習してきました。曲の中で雰囲気の移り変わりがたくさんあるので楽しんで聞いて頂けると幸いです」 はる(三箏)

「響け確かな旋律――忘れぬ音を残して」 たいがー(三絃二) ←?(笑)

力強くカッコいい低音をお聴きください!」 まっすー(尺八二)

「迫力のある曲ということもあって、合奏するのが毎回楽しい曲です!二箏パートは一見簡単そうなのですが、パート内で音質やタイミングを合わせたりするのが予想以上に難しいです。また、一箏と二箏の掛け合いを本番までに流れるように弾けるようになりたいです…。本番まであと少ししかありませんが、良い演奏ができるよう頑張ります!」 かなっぺ(二箏)

「力強い音、優しい音など、様々なメロディを竹一本で表現するのでお楽しみに!」 さき(尺八一)

「後半に何度かある箏の掛け合いが綺麗に繋がるように、これまで練習を重ねてきました。私にとってこの曲は、現役として皆と弾ける最後の曲になるので特に気合を入れて頑張ります!」 あさり(一箏)

「AXIS十七絃、低音でみんなを支えます!パート数が多い中での十七絃は憧れだったので、低音すごいなと思っていただけるように頑張ります!曲中で唯一ソロもあるので、そこにもぜひ注目してください!」 ばな(十七絃)

「一章は力強く華やかに、二章はしっとり美しく弾きたいです。全員で一体感を持って、現役最後の曲に臨みたいと思います」 どの(三絃一)



AXISは、「軸」という意味です。

和楽器を奏でる楽しさを軸にして、全員で練習の成果を出し切りたいと思います。
当日はどうぞお楽しみください!

長々とお付き合いありがとうございました!
三絃三年どの
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

つち人形(沢井忠夫 作曲)

定期演奏会一曲目は、
沢井忠夫 作曲 「つち人形」 です。

1年生(初心者)2人で、それぞれ一箏、二箏を担当します。
1年生2人だけで、しかも定期演奏会のトップバッターということで、2人ともとっても緊張しています!



曲について:

この曲のイメージを一言で表すと、「鮮やか」です。
つち人形は、作曲者 沢井忠夫の出身地である愛知県尾西市の名産品で、その色彩の美しさを箏で表現した曲です。
演奏するに当たって、掛け合いや強弱のメリハリに気をつけ、華やかさを意識しました。

一箏も二箏も、スクイ爪や押し、グリッサンド、トレモロ、シャシャテン、引き色、サラリン、ピチカートなど、多くの基本的な技法が使われており、演奏していて学ぶことがたくさんありました。

主旋律のほとんどは一箏が担当します。難易度はどちらも高くありませんが、二箏の方が細かい動きが多く、全押しも出てくるため、少し難しいです。
私たちは指定よりかなりゆっくりなテンポで演奏しています。



この曲の、序盤、中盤、終盤にかけて、気をつけたことなどを書いていきます。

序盤
曲の入りから一箏の搔き手、二箏のグリッサンドとトレモロで、華やかに勢いよく始まります。
一箏、二箏で同じ動きをするところは、2人でズレないよう注意して演奏をするようにし、単調にならないようにするために何度も話し合って強弱をつけました。
違う動きを重ねるところでは、互いの音をよく聞き、主旋律が引き立つ演奏を意識しました。
その後、冒頭と似たメロディーが登場します。ここでは「つち人形」の素朴な形や曲線の美しさを表現するため、爪の当てる位置や向きを工夫して、華やかさを表現した冒頭部分とは違った雰囲気を感じられるようにしました。
合わせ爪の掛け合いのところは、一段と箏の音色を楽しめる部分ですが、2人の音質を合わせるのがとても難しかったです。

中盤
一箏も二箏も、押しがたくさん使われ、序盤とは雰囲気がガラリと変わります。個人的に、押しの音色が出す独特の雰囲気がとても好きで、この部分では「つち人形」の歴史の深さや奥ゆかしさが表現されているのではないか...と思います。
一箏、二箏ともに、強弱をはっきりとつけて、飽きない演奏を心がけました。一箏はシャシャテンが多く、小さい音にするところで雑音を減らすことが大変でした。二箏はスクイ爪や十六分音符で、一箏のメロディーに彩りを加えています。
同じ動きを繰り返す部分で、テンポを崩さないよう気をつけました。それぞれ細かい動きが増えて、自分の音に集中してしまいがちになり、合わせるのがより難しくなりますが、演奏していて楽しい部分でもあります。
その後は一箏、二箏で同じメロディーを入れ替わりで弾きます。親指と薬指のグリッサンドが続くところは2人とも爪が滑ってペースを乱すことが多く、メトロノームに合わせて弾く練習を何度もしました。

終盤
終盤は、序盤・中盤で出てきたメロディーが盛り込まれた構造になっています。中盤最後のリタルダントからもう一度入り直す気持ちでラストに向かいます。掛け合いやグリッサンドもあり、終盤であっても気を抜かず爪が滑らないよう練習しました。
最後はリタルダントでテンポを徐々に落とし、続くサラリンや引き色などの音の響きと余韻を楽しみながら聴き終えてもらえるようにしました。



大舞台のトップバッターにドッキドキですが、イメージを話し合ったり、自分たちの演奏を録音して聞いてみたり、工夫しながら練習してきました。
初舞台をあたたかい目で見守っていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(はる、そら)
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

魁(菊重精峰 作曲)

定期演奏会の3曲目、菊重精峰 作曲「魁」の曲紹介です!

まずタイトルの、「魁(さきがけ)」とは何か?調べてみました。

広辞苑によると…
 ①衆に先立って敵中へ攻め入ること。
 ②物事のはじめとなること。


この曲の場合では、②の意味で取っています。
①の意味だと恐ろしいですね…!


今回は、第50回記念定期演奏会ということで、これからの「魁」になることができればいいなという想いを込めて演奏します。

……と言いつつ、そんな大げさな…と他のメンバーに言われてしまったので(笑)、
かっこよく、聞いていて楽しいような曲にしたいと思います!



♪編成について

箏2、十七絃、三絃、尺八の五重奏曲です。
定期演奏会で、この編成の曲をするのは珍しい気がします。
全ての楽器が揃った演奏なので、各楽器の音色を楽しんでいただければ嬉しいです。



♪曲について

ゆったりとした箏、三絃の掛け合いから始まります。
その後、二箏のスクイ爪から雰囲気が一転し、どんどんアップテンポに…。
メインメロディーを弾いた後、さらにテンポとテンションが上がっていきます。
上がりきったあとには、その盛り上がりが収束します。ここまでが前半です。

そして、後半。
三絃から始まる箏とのゆったりとした掛け合いや、かわいらしい雰囲気のところを挟み、
メインメロディー再来です!!
これ以降、前半と同様にテンポもテンションも上がっていきますが、前半よりも、細かい動きをしています。
なので、難しさも上がります…。ですが、弾けるとすごくかっこいい!!
定演本番で、かっこいいと思っていただきたいので、もっと精度を上げなければ…!

前後半、似たようなことをしているので、時々頭の中で混乱します。笑
雰囲気、曲作りの面でも前後半で差をつけるかどうか…、と考えました。
あまり変化はつけていないので、前後半での、「似ているけれども違う音」を楽しんでいただければ、と思います!
ぜひ定期演奏会でお聞きください(´▽`*)



♪各パートについて


*一箏・二箏*

どちらも3年生(箏歴3年)が演奏します!
ともに、手が細かかったり押しが多かったりしますが、二箏の方が少し難しいです。
そして、スクイ爪が多く、しかも二人で弾くことが多いので、そろえるのに苦労します。
また、ゆったりとした部分とノリノリの部分との弾き分けなども大変でした。
ゆったりとしたところの音色や、スクイ爪などの音、そして、多分最後の舞台になる3年生の奮闘に注目です!!!

*十七絃*
2年生が演奏します。高校での箏経験者ですが、十七絃は、ほぼ初心者です。
難易度に関しては、かなり易しいです。ただオクターブで弾くことが多いので、手が小さいと辛いです…。
そして、単純だからこそ、表現をどうしようか…という難しさもあります。
曲を引っ張るのは十七絃なので、安定性とノリ(…?)が求められますね…!
メロディーとして、前に出てくることは少ないですが、曲を引っ張る低音のかっこよさをお楽しみください!

*三絃*
高校での三絃経験者の、1年生が演奏します!
三絃はこの曲、個人的には一番難しいパートなのではないかとひっそり思っております。
スクイやハジキが多い上に、細かく、さらにメロディーとしての音量、表現も必要…!
大変そうですが、その分かっこいいです!!
また、後半のリズムが取りづらいそうです。
装飾音込みでメロディーを弾いたり、他のパートから独立して弾いていたりします。そして、大量に出てくる二拍三連符…。
そんな三絃ですが、ほかのパートと揃うと、よりかっこよさが引き立ち、雰囲気が変わります!そこが面白いとのことでした。
スクイやハジキの音色、それらを含んだメロディーに注目です!!

*尺八*
尺八歴2年め(実質1年半ほど)の、2年生が演奏します!
三絃と並んで、主旋律を奏でることが多いです。この曲は、尺八と三絃で決まると言っても過言ではないような…
音としては半音が多くあり、練習を始めた頃は吹きづらそうな印象を受けました。
替え指を使用したり、メリ音を滑らかに吹くように意識しているそうです。
「力強いところは全力で、時には優しい音も吹いてます」とのことでした。
のびのびとした尺八の音もお楽しみください!



ふと気づけば、定期演奏会まで、あと一か月。
残り少ない時間を大切に、定期演奏会に向けて、さらなるレベルアップをしていきたいと思います!

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
二箏担当、ばなでした!
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

鷹(沢井忠夫 作曲)

今年の定期演奏会一曲目は

「鷹」(沢井忠夫 作曲)です!

早速ですがこの曲について紹介していきたいと思います。

1. 編成
2. 構成
3. 難易度
4. 大変だった所
5. 好きな所

以上の順で書いていきます。

1. 編成

箏二重奏です。
一箏は一年生、二箏は二年生が演奏します。

2. 曲の構成

前半・中盤・後半の三部構成です。
以下それぞれを見ていきます。

前半
華やかさを詰め込んでいる感じです。
前半は綺麗な部分もかっこいい部分もあるため、中盤と後半をぎゅっとつめてる印象で弾いていて楽しいです!
華やかに始まり、途中からはサビ(と思っている部分。以下サビで記載)に入り力強い部分も出しつつ、
最後は落ちついて中盤に繋がります。

中盤
ここは鷹が悠々と飛んでいるイメージです。でもその中でも楽しそうだったり物寂しい部分もあります。
中盤はいろいろな雰囲気が入ってるのが好きです。
前半と後半に比べると落ち着いていて、メロディーも綺麗な所が多いです。

中盤は一箏・二箏の間でメロディーが移り変わる部分がいくつかあるので、そこが綺麗に移ったように聞こえればいいなぁと思っています。

後半
後半は力強くてかっこいい!という印象です。
後半の冒頭からサビで始まり、途中一箏と二箏の掛け合いをはさみながら最後のサビへ盛り上がっていきます。
また、後半では一箏のグリッサンドの連続があるので華やかさもあります。
最後は鷹が遠のいていくように静かに曲が終わります。
サビの部分は鷹が空をぐんぐん力強く上昇している姿を想像しています。

3. 難易度

一箏も二箏もそんなに難しくはないはず...と思っています。
今回一箏を弾くのが一年生なので、一箏は一年生でも弾けると思います。
二箏は一箏に比べると細かいところが何回か出てくるので、そこで手が回りそうなら一年生でも大丈夫なんじゃないかなとぁ思います。(ちなみに私は慣れるのに大分苦労しました...)

押しは一箏・二箏ともに出てきます。毎ページ何回か出てきます。
両方とも同じぐらい出てきてたと思います。ただ全押しはないです。
技法としては一箏は押し、ピッチカート、合わせ爪、グリッサンド、スクイ、トレモロが出てきます。
二箏はグリッサンドがないだけでほぼ同じです。

4. 大変だった点

一箏・二箏のそれぞれ大変だった(大変そうだった)部分と合奏する時に意識している所を挙げてみます。

一箏
隣り合った絃での合わせ爪(押している状態)で音量出すのがとても大変そうでした。
私も練習してみたのですが隣り合った絃の合わせ爪弾きにくかったです。しかも8小節も続く!辛い!
個人的に思う一箏の一番大変そうな部分はそこでした。

あとは、一箏のみに何度か出てくるグリッサンドを華やかにするというのと
サビの部分の力強さを出すのと押しを頑張っていたなぁと思います。

二箏
サビの部分などで十六分音符が続くところが何度かあって、その部分の手が回らなくて苦労しました。
あとは押しの回数が多かったのも個人的には大変でした。(※押しがとても苦手な人の意見です。)
三の押しをしながら、二と三の合わせ爪をする部分があるのですが遠くて押し切れてない状態によくなりました。

合奏の時
以下箇条書きで挙げます。

・スクイ
一緒にスクイをしてる部分があるのですがそれを揃えるのが大変でした。
ずれるとバラバラした感じになってしまうので、お互いの音を聞いて揃えるのを意識しました。

・掛け合い
後半で二人が掛け合いしてる部分を、一人で弾いているようになめらかにするのを頑張っています。
爪とピッチカートの両方ともを意識しないといけないのが難しかったです。

・ヒキ
最初はひく時のタイミングが揃えることだけに意識がいっていましたは、離すタイミングについても揃えなきゃいけないことを知り今はひくのも離すのも呼吸を合わせながら弾いています。呼吸を合わせるって大変だなぁと常々思っています。

5. 好きな部分

・掛け合い
先ほど書いた通り大変なのは大変なのですが、その分綺麗に繋がった時が気持ちよくて楽しいです。
本番の時もなめらかに繋がればいいな~

・中盤の雰囲気
落ち着きながらもいろいろな雰囲気を持っていて好きです。
個人的には物寂しい感じの部分に入った所の一箏が好きです。帰りたくなる。

・サビと最後のサビ以降
空をぐんぐん上昇したり、かっこよく羽ばたいてる感じがあって楽しいです。
そしてサビは一箏がかっこいいです!聴いてて楽しいです。
また最後のサビが終わると、前半にあったメロディーを一箏は合わせ爪で、二箏はスクイで弾く部分に入るのですが、そこが空を自由に駆け巡っているようで二箏的には弾いてて楽しい部分です。


以上、二箏によるほぼ定演直前の「鷹」の曲紹介でした!
あと5日...曲紹介全く間に合ってないですね!ばなちゃんに次会う時が怖い。

そして、冒頭にも書いた通りトップバッターなのでかなり緊張してると思います。(笑)
ただ一曲目から楽しんでいただけるように二人で精一杯頑張りますので、優しく見守っていただければと思います!

ではあと二回の練習頑張ります~
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。

竹林の調(坂田誠山 作曲)

第49回定期演奏会 2曲目に演奏するのは、
竹林の調(坂田誠山 作曲)です。

ちなみに「調」と書いて「しらべ」と読みます。(私は無知なので読み方に戸惑いました…)
どうやら古語の意味で使われてるようです。

 【調ぶ】
  ①楽器の調子を合わせる。音律を整える。
  ②音楽を演奏する。
  ③調子にのる。
              (旺文社『全訳古語辞典 第四版』より)

これを名詞化したものが「調べ」なんです。
つまり、竹林が音を奏でているんですね!
風に吹かれた竹の葉がサワサワ…と、あちこちで鳴っている竹林をイメージできます。

↓つまり

「竹林の調」は二重奏(今回は4人で演奏)です。
2パートの掛け合いで、竹の葉があちこちでサワサワ…となっているのを表現し、
時には2パートの音が1つに重なり合い、様々な音の響きを生み出します。
そしてノリノリの楽しい曲調のところで、調子にのります。(笑)

これらを竹から作られた尺八で演奏します。まさに尺八のための曲!


▼難易度▼

尺八の基本である八寸管を使用します。
初心者1年生が半年ほどで吹けるため、曲の難易度としては易しい方ではないでしょうか。
中盤にメリ音(顎の引き具合と穴を指で塞ぐ具合で調節し、音程を基準よりも低くした音)がたくさん出てきて一見難しそうですが、テンポがゆっくりなため、より丁寧に吹くことができます。
メリ音の練習にいいかもしれません。(笑)


▼曲の構成▼

楽譜としては分かれていませんが、曲調から4部構成に分けられます。

〈第1部〉
竹の葉がサワサワ…と動くような、爽やかなゆったりした曲調で尺八の掛け合いが始まります。
そして途中から互いのメロディが重なり、少し盛り上がりをみせ、最後には落ち着いて次の曲を迎えます。

〈第2部〉
雰囲気がガラリと変わります。第1部よりさらにテンポが落ち、ザワザワ…と怪しい感じになります。
ひっそりと曲が始まり、中間で急激に盛り上がり、だんだんと落ち着いていきます。
メリ音が多く、テンポはゆったりでも吹く側としては大変忙しいです。
曲調は短調と暗いですが、尺八の音で爽やかにお届けします!

〈第3部〉
4人の短いソロから始まります。
(楽譜指定はソロではありません。4人という少人数を活かして、個性ある1フレーズ×4を繋げていくというアレンジをしました。)
これまでのゆったりした感じから、アップテンポで楽しく、かっこいい曲調へと繋げていきます。
吹いていて一番楽しいです!しかしあまりにノリノリになるため、暴走しないように注意しなければなりません。(笑)
掛け合い、合わさり、伸ばし、跳ねるなど、様々な表現で盛り上がるところです。お楽しみください。

〈第4部〉
はじめのゆったりとした雰囲気に戻ります。
途中から2パートの音が重なり、盛り上がりを見せます。
そし最後は力をふりしぼって音を出し切り、まるで竹の命がはじけるようにして物語の幕を下ろします。



以上で、「竹林の調」の解説を終わります。長文のご閲覧ありがとうございました!

そして、なんと、今日から定期演奏会へ向けた第3回強化合宿が開幕しました!!
部室を出る間際に「10時まで練習する」と先輩の口から聞こえたのは
気のせいでありたい(^ч^)

無理は禁物ですよ!!
しかし本番まで残る練習日数10日という事実。不安で仕方ないです…。


演奏会当日では、尺八の音を楽しんでいただけるよう頑張ります!
どうぞ温かい目で見守ってくださいm(_ _)m
以上、尺八1年生さきでした。
三重大学邦楽部ではいつでも!部員募集中です。まずはお試しで。未経験OK!二年生・編入・院生・留学生、学外からも大丈夫!部活見学も気楽にお越し下さい♪ 活動詳細は公式サイトへ。お問い合わせもサイトからお気軽に。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
学内クラブ・サークル
上級生向け おすすめサイト
カウンター
新入部員募集中

☆新入部員☆募集中 

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

三重大学邦楽部では、引き続き部員を募集中です。

 

見学・体験のみでも、お気軽にどうぞ♪

 

楽器は初めて、という方も歓迎!

 

流派その他関係なしに、自由に好きな曲をやれる環境ですので、すでに習っている方もお気軽にお越し下さいませ。

 

とりあえず、入部の強制などはいたしませんので、遊びに来る感じでどうぞ♪

おもてなしいたします♪

 

==☆*+:。.。 。.。:+*☆==

 

活動日:毎週 水・木・土

 

活動時間:午後4~8時くらい

 

場所は MAP をご覧下さい。

 

活動内容の詳細は webサイト をご覧になるか、 メール でお問い合わせ下さいませ。

 

邦楽部 twitter
プロフィール

邦楽部*広報

Author:邦楽部*広報
三重大学邦楽部のブログです。
部活の最新のお知らせや活動報告などはここで、和楽器や詳しい活動内容については、webサイトに載せております。
こちらもぜひご覧下さい♪

sidebar_bn.jpg

昔の邦楽部web
上:旧HP アルバムリンクなど
RSSリンクの表示
検索フォーム
アルバム